差別、偏見、生きづらさ。アニメ2期決定! 『BEASTARS』の”動物ヒューマンドラマ”がアツい

エンタメ・トレンド

肉食動物と草食動物が共に社会生活を送る世界を描く、人気作品『BEASTARS (ビースターズ)』。
昨年放送されたアニメ第1期も含め、国内外から大絶賛が止まりません!

擬人化された動物たちが、動物ごとの性質を生かしつつ、種族の本能と戦いながら暮らす物語です。
恋と友情、そして本能……『BEASTARS』の世界には、異質なようでいて、どこか他人事に思えない景色が広がっています。

『第11回マンガ大賞 大賞』や『第22回手塚治虫文化賞 新生賞』など、輝く受賞歴は伊達じゃない!
全人類におすすめしたい、『BEASTARS』を激推しさせてください!!


公式引用

『BEASTARS』を読んでみる

動物たちが織りなすヒューマンドラマ、『BEASTARS』のあらすじ

舞台は、肉食動物と草食動物の共学校「チェリートン学園」の演劇部。
部員のひとりであるアルパカのテムが、校内で食殺の被害に遭うところから物語は始まります。

食殺とは文字通り、肉食動物に草食動物が食い殺されること。
肉食と草食が共存するこの世界では、食肉は一番の「禁忌」とされているのです。

「テムは部活内でしか肉食との関わりがなかったんですよ」
「草食ってのはいつもそうだよ!! 被害者ヅラしていつも裏でヤバいこと考えてるんだろ!!」
と、騒然となるチェリートン学園と演劇部。

そんな中、無口で変わり者な大型肉食獣・ハイイロオオカミのレゴシがウワサの標的になってしまい……。

本当の犯人は誰なのか? 肉食と草食の「共生」の道はあるのか?
激しく、血生臭く、愛と本能と憎悪にまみれながら「自分の生き方」を模索する動物たちの姿は、1巻読んだら完走必至です。

ここから先はネタバレ注意。
ebookjapanなら、今なら2巻まで無料で読めちゃいます!語られる前に読みたい方は、こちらからチェック!!

今なら2巻まで無料!『BEASTARS』を読む

『BEASTARS』の動物たちが描く、人間の「生きづらさ」

BEASTARS』が描いているのは動物たちの世界でありながら、どこか「人間社会のリアル」でもあるように思えます。

例えば、肉食動物=男性、草食動物=女性、食肉=本能=性、と置き換えてみるとどうでしょう?
必然的に力の強い男性と、搾取の恐怖に晒される女性。性的暴力の冤罪に怯える男性の図も、ここにはうっすらと現れてきます。

弱い者の生きづらさ」だけでなく、「力を持つ者の生きづらさ」が同じように大切に描かれている所も、この作品の大きな魅力のひとつです。

『BEASTARS』の世界では、強い力を持つクマ科の生物は、体長が2mを超えると猛烈な副作用のある「力抑制剤」の服用が義務付けられています。
コモドオオトカゲなどの毒を持つ動物は「毒持ち」と呼ばれ、差別的な扱いを受けています。

生物としては「強み」である力の強さや毒が、社会に入れば差別の対象となり、時に排除される
同じような構図に、私は人間社会で何度も遭遇している気がします。

それぞれの立場が強いられていることと、それぞれの立場への偏見。
複雑な動物社会は、私たち人間の「生きづらさ」を、なぜかよりリアルに炙り出していくのです。

今なら2巻まで無料!『BEASTARS』を読む

『BEASTARS』を道徳の教科書にしてほしい

BEASTARS』に登場する動物たちのように、私たち人間にも、ひとりひとり「」があります。

捕食する側、される側。力が強い動物と、弱い動物。大きな種族と、小さな種族。得意なこと、苦手なこと。空を飛ぶ能力、毒をもつ性質、手足の有無。
性差、人種や国籍、ハンディキャップ、育ってきた環境、得意不得意、周囲の期待……まるで人間のようです。

BEASTARS』を読んでいると、かつて耳にした「区別と差別は違う」という言葉を、よく思い出します。

「極小動物専用通路」は、小さい動物への差別なのでしょうか?
力のある肉食は、息を潜めて生きていくべきなのでしょうか?

何が強さで、何が正義なのか。一体「普通」とは、何なのか。

BEASTARS』で動物たちが織りなす世界は、「多様性」というワードが飛び交いながらも「違い」を受け入れきれない、この人間社会そのものであるように感じるのです。

今なら2巻まで無料!『BEASTARS』を読む

『BEASTARS』を読んで、自分と向き合え!

肉食と草食が共存する社会では、差別や恐怖を超越するヒーロー的存在の「ビースター」が指導者として君臨しています。
タイトルの『BEASTARS』は、ここから来ているんですね。

「ひがむ前に この世界にビースターが必要な理由をよく考えて まずは自分を正せよ」

「ビースター」が必要な理由……それはもしかしたら、私たちの社会が必要な理由と同じかもしれません。

現在20巻まで発売中の『BEASTARS』を今から読むなら、ヤフーが運営しているebookjapanがオススメです。
無料の試し読みができるほか、お得なクーポンも使えます。まとめ買いもOK!

さらにYahoo!プレミアム会員になってPayPayで購入すると、最大40%のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも開催中!
もちろんTポイントも貯まります。今なら期間限定で、2巻まで無料公開中です。

ebookjapan 公式サイト

差別や偏見。強さと正しさ。
これから先の展開も、アニメの2期も見逃し厳禁! これが日本漫画の最先端

BEASTARS』は、「生きづらさ」を感じている、全てのヒト科のバイブルとなるはずです。

今なら2巻まで無料!『BEASTARS』を読む