【おすすめ転職サイト】とりあえずここは登録しておこう

ビジネス・副業

みなさん、転職サイトは登録してますか?

私はめちゃくちゃ登録してます。どうもしゅがです。

なぜ登録しておくかというと人生の選択肢に少しでも幅を持たせるためですね。

すぐに転職ってパターンじゃなくても「こんなとこに需要があるんだ」「こういう会社もあるんだ」という情報を知ることで、いざ本気で転職する際に動きやすくなります。自分の希望に合う会社があったら、話を聞いてみても損はないですしね。

今回は、そんな受け身のスタンスで転職したい方におすすめの転職サイトを紹介します。

とりあえずスカウト機能がある大手サイトに登録しておこう

受け身のスタンスの転職活動に、大事なものはスカウト機能です。

スカウトメッセージを送った会社は、自分の持っているスキルを求めています。自分の需要を知ることができますし、意外な会社からスカウトが来てスキルを活かせる業界の情報も得られます。

必要としてくれる会社があって、条件が良かったら転職するくらいの心持ちで仕事をしていると精神的にも楽になりますしね。

ただし、採用側としては転職サイトのスカウト機能を利用し、転職希望者をスキルや希望年収でフィルタリングした後に一括でスカウトメッセージを送信しているケースが多いのも事実です。ヘッドハンティングやリファラル採用(社員に人材を紹介してもらう採用方法)のように採用率が大幅に高くなることはないでしょう。

少なくともスカウト機能で、自分に興味を持っている転職先の情報を仕入れらるので、受け身スタンスの転職にはバッチリの機能なのです。

 

リクナビNEXT

リクルートの運営のリクナビネクスト

求人サイトの大手です。掲載している企業が多いことが特徴ですね。

<こんな人にオススメ>
・どの転職サイトを使うか迷っている
・すでに転職活動を進めている
・転職を考えているが、何から始めたら良いかわからない
・初めての転職で、どのサイトに登録

転職初心者は大手のリクナビの登録から始めてみるといいでしょう。

しゅが
しゅが
就活でリクルートのお世話になった方も多いでしょうしね

 

DODA

パーソルキャリアの運営する日本最大級のエージェントサービスdoda

dodaは転職を無料でお手伝いしてくれるエージェントサービスが用意されています。

履歴書や職務経歴書の書き方がわからない……
ちゃんと面接の際に質疑応答が出来るか不安……
申し込みやスケジュール管理が面倒……

しゅが
しゅが
めっちゃわかります

確かにめんどくさいし、履歴書こんなのでいいのかな、面談って何年ぶりだろという不安もありますよね。

そういった完全受け身から少しでも進みたいという時にエージェントを利用するのがオススメです。

私はエージェント利用しませんでしたが、元同僚に「しゅがさんパワー勝負すぎませんか?」なんて煽られました。

その元同僚はエージェントを利用してかなり転職しやすかったと言ってましたし、話を聞いたら自分も利用しておけば良かったなとやや後悔してます。

 

ビズリーチ

上記2サービスと比較するとハイクラスな転職サイトになります。

なんせキャッチが“選ばれた人だけのハイクラス転職サイト”ですからね。

管理職などマネジメント経験のある方向けの転職サイトです。

現在の年収が500万円以上で、さらなるキャリアアップを考えている人などは登録してみるのがいいと思います。

管理職クラスの年収は業界によって本当に変わってくるので、同じような仕事内容でも年収が上がるというパターンもありますし、様々な情報を知るという意味でも登録しておいて損はないです。

もう一つの特徴は有料会員制ということ。求職者から会費を取るスタイルですね。

企業側からするとそれだけの本気度が評価に繋がりますし、私のような受け身転職者を省けるメリットがありますね。私も何度か面接する側になりましたが、モチベーションのない応募者は少なからず居ます。

無料会員のうちに有料会員のプレミアムプランを体験できますので、ここで手応えを感じられたら、有料会員になって本気で転職活動を考えていくのがおすすめの活用法ですね。

 

まとめ

今回はとりあえず登録という転職活動の第一歩におすすめの媒体を紹介しました。

業種専門の転職サイトもあり、そちらを活用した方が専門性があって強いというケースもあり、
転職者によって向いているサイトは異なります。

実は私も転職を決めたサイトはIT向けの転職者サイトからだったりします。

ただ、ぼんやり転職を考えている方にとって登録しておいて損はない媒体ですので、ぜひ人生の選択肢を広げる意味でも登録してみてはいかがでしょうか?