こんな世の中だし全部コロナのせいにしちゃっていいんじゃない?

エンタメ・トレンド

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るい始めて半年以上。未だ収束の目途は立っていません。

ぺけ
ぺけ
もう、しんどいです……。

「コロナ疲れ」や「コロナうつ」といった言葉もよく目にしますが、私も確実に蝕まれています。

なんとなく、ちょっとしたことでイライラするなど、余裕がなくなってしまっています。

ひとりでイライラするならまだしも、周りの人にも影響を与えるのは避けたいところ。
しかし自粛続きでイライラを解消する術もなく、難しいところです。

ぺけ
ぺけ
じゃあ、嫌なことは全部コロナのせいにしちゃっていいんじゃない?

イライラで自分を見失っていない?

自分がイライラしがちで態度に出ていると気付いたのは、一緒に暮らしている彼女からの一言でした。

「なんだか最近怖いよ。ぺけちゃんらしくないよ?」

そこで初めて、最近のモヤモヤはストレスからくるものだったのかな? と気付いたわけです。

Twitterを見てみると、普段は明るい人だったのに凄くネガティブな呟きをしていたり、攻撃的なツイートをしていたりする人がチラホラ。

みんなストレスが溜まって自分らしさを見失っているのでは? と思います。

コロナのせいにしたら誰も傷つかない

自分を見失わないためにも、適度にストレス発散したいですよね。

不満があるとすぐ他人のせいにする人がいますが、相手がいると傷つけてしまうかもしれない。物にあたると壊れてもったいない。

人や物に当たらなくても、気分が落ち込んでいる時って「全部自分のせい」と自分を責めてしまいがちです。

ぺけ
ぺけ
そして気分がドンドン沈んでしまう。

しかし、コロナのせいにすれば傷つく人はいない!
ウイルスは目に見えないので、物にあたって壊してしまうこともありません。

「先生に怒られたのはコロナのせい!」
「今日も上司がうるさいのはコロナのせい!」
「朝にパンを焦がしたのもコロナのせい!」

悪いのは先生や上司、自分ではなく、コロナ。
こう考えると、なんとなく寛容な気持ちになれる気がしませんか?

ぺけ
ぺけ
夜中ベッドから蹴り落とされたのもコロナのせい。

共通の敵がいるとなんだか楽しい

悪いと分かっていても、人の愚痴は盛り上がるものです。

それって結局、共通の敵がいて共感し合えるから楽しいのだと思います。

コロナという共通の敵がいてソイツの悪口をみんなで言いまくる。

「コロナのせいで寝坊しちゃったよ」など言うと、他の人も「私もコロナのせいで~~」と愚痴を言う。

ちょっとバカっぽいですが言葉遊びみたいで楽しいはず。

こんな世の中だからこそ少しのユーモアで乗り越えよう

人と人の距離が物理的に遠ざかってしまっている今だからこそ、毎日少しでも楽しくいたいですよね。

あの人はマスクをしていない。○○が転売されているなど、人の行動が気になってしまうこともあります。そんな時もイライラと自分を見失うのではなく、全部コロナのせいにして、みんなで楽しく愚痴りあう。

ぺけ
ぺけ
そんな世の中になれば良いなあ!

とは言え、人間なので口汚く罵りたくなる時や、乱暴に愚痴を言いたくなる時もあります。

そんな時は「お嬢様のけなし言葉」でちょっぴりユーモアを足しましょう!


お嬢さまことば速修講座 改訂版 (加藤ゑみ子の上質な暮らしシリーズ)

戦闘力が強い「お嬢さまことば」

お嬢さまがよく使う言葉や表現を学べる『お嬢さまことば速修講座』。
1995年の初版発売以来、密かに人気がある良書です。

ぺけ
ぺけ
一時期Twitterでバズっていたから、知っている人も多いかも。

本書の中で紹介されている「お嬢さまらしいけなしことばリスト」、めちゃくちゃ実用性が高いんです!
その一部をご覧ください。

お嬢さまらしいけなしことば①:無礼な人

「はっきりしてらして」

 

お嬢さまらしいけなしことば②:ずるい

「世渡りにたけていらっしゃる」

 

お嬢さまらしいけなしことば③:うるさい人

「いつもお元気そうで」

 

お嬢さまらしいけなしことば④:趣味が悪い

「個性的な装いをなさる方で」

 

お嬢さまらしいけなしことば⑤:いやなやつ

「あまりよくおっしゃる方はいないみたいよ。ほかの方にお聞きになって」

どうですか、この戦闘力の高さ。直接的な表現を避けて、ユーモアたっぷり。
聞いている側(見ている側)が少しクスっとしてしまう「けなしことば」が盛りだくさんです。

どうしても攻撃的なことを言いそうになった時は、「お嬢さまことば」で遠回しに表現してみると良いかもしれません。

ぺけ
ぺけ
大変な世の中でも、紳士淑女の皆さんはユーモアかつエレガントに過ごしていきましょう。では、ごきげんよう。