下着をTバックに変えたら開放感がやってきた

美容・ファッション

最近、女性の間で人気急上昇中な「ハーフバックショーツ」

「Tバックより食い込まないのに、パンティーラインが隠せる!」と話題です。

普段からタイトなスキニージーンズや、スポーツレギンスを愛用している私。
パンティーラインが気になっていたので、さっそく下着屋さんにハーフバックショーツを買いに行きました。

「これかなー?」といくつか選んで購入。そして帰宅してから気付いたのです。

 

これ、Tバックやんけ。

 

倉本菜生
倉本菜生
ノーマルショーツしか買ったことが無かったので、Tバックとハーフバックの見分け方が分からなかった……

 

というわけで今回は、Tバック初心者が履いてみた感想をレポートしていきます!!

思ったより食い込まない

私が(間違えて)買ったTバックはこちら。
有名下着ショップ、エメフィールさんのアイテムです。

「Tバックに挑戦してみたいけど、食い込みが痛そう」

そんな声は多いですよね。私もそうでした。

でも、履いてみると意外と食い込まないし痛くない!

Tバックでも物によっては「紐!!」って感じですが、エメフィールさんのTバックは紐感がありません。

最初は少し食い込んでいる感が気になりますが、数日経つと慣れてきます。

謎の開放感がある

ヒップ部分が露出しているので、謎の開放感があります。

ノーパンじゃないのに……下着を履いていないかのような感覚……。

某芸能人が「家では全裸」と公言していますが、その気持ちが少し分かったような気もします。

必要な部分だけを覆ってくれるので、通気性もバツグンです。

倉本菜生
倉本菜生
夏場はいいかも。冬はちょっとお尻が冷えそう。

アンダーヘアの処理は必須

布面積が少ないので、アンダーヘアのお手入れは必須です。

日頃から意識している人は大丈夫そうですが、「アンダーヘア? 自然体のままよ!」な方は、お手入れの手間が増えます。

倉本菜生
倉本菜生
「ハミ出しててもいいのよ!」って人は、それはそれで(笑)

美意識が高まる

Tバックを履いているだけで、なんだか美意識も高まりました。

「せっかくカッコイイ下着履いてるんだから……尻トレとダイエットしよう」

お尻丸出しなぶん(笑)、形やタレ具合などが凄く気になるように。
下着を変えただけなのに、メンタルにも変化が生まれました。

倉本菜生
倉本菜生
ダイエット成功したい人は、Tバックにしてみるといいかも。

ノーマルショーツを着用してタイトなボトムを履く場合、パンティーラインはもちろん、下着のダボ付き感も気になるところ。
Tバックだとお尻の形がハッキリと分かるため、見た目的にもノーマルショーツより「タレている感」がありません。

倉本菜生
倉本菜生
布1枚無いぶん、逆に引き締まって見える感じ。

男性陣からの素朴な疑問

Tバック着用に関し、ナナミル編集部の男性メンバーからはこんな質問が。

ぺけ
ぺけ
すっごい男目線のセクハラ質問だけど……Tバック履いてるってので興奮というかちょっと変な気分になったりする?
倉本菜生
倉本菜生
コーラ吹いた

変な気分にはなりませんでした!!(笑)
むしろ、前述したように美意識が高まって、こんなエロい下着履いてる私カッコイイと、ナルシスト魂は刺激されました(それもそれでどうなんだ)。

 

お次の質問。

をぺ
をぺ
Tバックってなんのためにあるの。なんでこんなものを作ったんだ。人の煩悩なのか。

これ、地味に気になりますよね。というわけで、調べてみました!

Tバックの歴史

Tバックの起源は、なんと数千年前の古代。
諸説あるため、一例をご紹介します。

  • ブラジルの先住民族が、アマゾン川で漁をする時に着用していた説。
  • ローマ帝国の闘剣士たちが着用していた説。
  • 男性が彫刻モデルになるときに、大事な部分を覆う目的で使用されていた説。
倉本菜生
倉本菜生
アマゾン川には肛門や膣などから人体に侵入する魚がいて、それらから身を守るために着けていたと。

ローマ帝国起源説に関しては、Tバックを着用した闘士の姿が描かれたローマ帝国の遺物も発見されているそうです。

なんと、Tバックはもともと男性が着用するものだったんです!

近現代での流行は1930年代から

戦前、Tバックはナイトクラブのストリッパーやダンサーの女性が着用していました。

一般に普及しだしたのは、1970年代から。
ファッションデザイナーのルディ・ガーンライヒが世界初のTバック水着を発表し、ブラジルのビーチで大流行。
日本にも輸入されましたが、着用するのは水商売の女性だけでした。

日本女性の間でTバック人気が高まったのは、バブル期からです。
当時はピタッとしたボディコンが流行っていた時代。ボディコンブームとともにTバックも注目されるようになったんですね。

Tバックって良いことだらけ!

うっかりミスでTバックを購入してしまったものの、快適さと美意識を手に入れられました。

歴史を辿ると、意外と奥が深いTバック。

男性も女性も、ぜひチャレンジしてみてください!

倉本菜生
倉本菜生
次こそはハーフバックにも挑戦するぞ!