20代のうちにやっておくべきこと~みこまるの場合~

エンタメ・トレンド

こんにちは、みこまるです!
20代の皆さん、やりたいことを思いっきり楽しめていますか?

ナナミル編集部のメンバー、をぺさん・ぺけさん・倉本さんが書いていた「20代のうちにシリーズ」

せっかくなので、私も書いてみました!
若かりし頃の、見せてはいけないマル秘画像も公開しちゃいます(笑)

みこまる
みこまる
皆さんの参考になれば幸いです♪

ネットに書いてある「20代で本当にやるべきこと」真面目すぎじゃない?

20代のうちにコレだけはやっておけ!~ぺけ編~

20代のうちにコレだけはやっておけ!~倉本編~

20代のうちにやっておいて良かったこと

地元から離れる

21歳で地元を離れた私。
大学進学組には少し遅れを取ってしまいましたが、20代のうちに地元を出て良かったと思っています。

知っている人がいない環境で、一から新しい生活環境を作っていくのは孤独でもあります。
でも、誰にも頼らずに生きてこれたという自信は私の人生で大いに役立っています。

みこまる
みこまる
すぐに帰れる場所や頼る場所がないほうが、人間として成長できるかも。

地元から離れることでアイデンティティも確立しました。
「山形出身で東北弁を喋る」それが私のアイデンティティとなり、自分を構成するものの一つとして認識できるようになったのです。

異文化に触れる

インドで仲良くなったファミリーと

日本を出ると、日本の良さが見えるようになります。
私は25歳の時に東日本大震災で被災し、人生は一度きりと気付いてバックパッカーを始めました。

自分は日本人であり、そのことを誇りに思っている。
「当たり前じゃない?」と思われそうですが、これは日本から出ないとなかなか意識できません。

みこまる
みこまる
アイデンティティの確立にも繋がるお話ですね。

日常で当たり前に使う「トイレ」でも、外国と日本ではずいぶんと違います。

日本では公衆トイレを無料で使えるし、綺麗に掃除されていますよね。
でも外国のトイレは有料制がほとんど。無料で使えるトイレはびっくりするほど汚れています。

日本人は顔も見えない誰かのために公共物を綺麗に使える民族なのだと気付かされました。

次に使う人のことを考えての行動。これって日本以外だとなかなか見られません。
日本の文化は日本を離れてこそ実感できるもの。
20代のうちに肌で感じてよかったなって思います。

【世界一の親日国トルコ】トルコに愛される国、ニッポン

水商売

キャバ嬢時代のみこまる

昼間は会社員、夜はキャバ嬢として働いていた時代があります。

水商売の良いところは、異業種の人とたくさん出会えてお話を聞けること。
キャバクラにやってくるお客さんは、経営者や役員クラスの方が多いです。
そんな方々のお話は聞いていて面白く、タメになることも多くてかなり勉強になりました。

みこまる
みこまる
普段会社員をやっているだけでは、いわゆる「アッパークラス(上流階級)」の方と出会うことも少ないですよね。

アッパークラス層のビジネスマインドや生き様を気軽に聞ける仕事はあまりありません。

実は気軽に働ける水商売。
キャバ嬢の半分が兼業ワーカーで、週に1回だけ働いている学生や会社員は多いです。
偏見を持たれがちな水商売ですが、20代のうちに働いてみる価値はあると思います。

みこまる
みこまる
普通ならセミナーなどでお金を払わないと聞けない内容を、キャバ嬢なら時給を貰いながら聞ける! 私は夜の世界に飛び込んでよかったなぁと思っています。

【気になる彼を手に入れる】元キャバ嬢が教える駆け引きテクニック

歯列矯正

20代でいちばん高かった買い物。それは歯列矯正。
23歳から25歳まで、2年かけて歯並びを矯正しました。

人から見られてしまうワイヤーが恥ずかしかったし、かなり痛かった。でも、やってよかったです。
高い買い物だったけど、かかった金額分はその後の人生でペイできています。

キャバ嬢でトップの成績を取り続けられたのも、今ライバーとして月に何百万もの売上を作れているのも、歯列矯正をしたおかげ。

20代前半の頃は、歯並びを気にして笑う時は手で口元を隠していました。
自信のなさが表に出ていたんですね。

みこまる
みこまる
コンプレックスを治したおかげで自分に自信を持てて、キャバ嬢やライバーとして活躍できるように♪

大人になってからの歯列矯正はだいぶ悩みましたが、やってよかったなぁと思っています。

20代のうちにやっておきたかったこと

上京

地元から離れた経験はありますが、東京には住んだことが無い私。
東京に住んで最先端の文化や街の喧騒感、人間の上昇気流の塊のようなものに触れたかったな、と今になって思います。

ギラギラした感じ、というのでしょうか。
人々が何かを求め常に前のめりである街、東京。
若くしてそこに身を置いていたら、何か変わっていたかも。
20代でやり残したことのひとつです。

フリーランス転身

20代の頃から常にちまちまと副業をしてきましたが、大きく行動する勇気はありませんでした。
失敗しても次へ進める、身軽な20代のうちに転身しておけばよかったなぁと思います。

現在30代になり、肝が据わって怖いもの知らずになっている私ですが、20代のうちはビビリでチキンで行動力がありませんでした。

現在の職場で「自分は戦闘力が高い」と思っている人は、個人の力で稼いでいくことも十分可能なはず。
今はフリーランスとして活動していますが、20代の未婚の頃ならもっと動ける幅が大きかったのではないかと少し後悔しています。

人脈作り


20代の頃は人脈作りを毛嫌いしていて、人と交流しない引きこもりでした。

人脈は全てのビジネスにつながっていて、お金では買えないもの。
最近になってそれを悟りました。

みこまる
みこまる
20代の頃から意識できていたなら、今はもっと違うフィールドにいたかもしれない。

人脈は宝です。
キャバ嬢時代にアッパークラスの人と交流があったのに、お客さんだと割り切ってしまい人脈を活かせませんでした。

もっと人脈を大事にしておけばよかったなーと思います。

将来アッパークラスになりたい人は、人とつながる意識をもって社会経験を積むといいかもしれませんね。

20代でしかできないことは基本的にはない

現在35歳になったみこまるですが、20代でできることは基本的に30代でもできます。

でも!

20代のうちにできることをやっておけば、30代でさらに上のステージに立てることは間違いないです。

みこまる
みこまる
経験って多く積んだもの勝ちだなって、30代になって思います。

また、生活環境が変わるとできなくなることも。
私は30代に入って結婚出産を経験しましたが、小さな子供がいると制限がかかることもたくさんあります。
大体のことは気合と根性で解消できますが、「20代の頃なら半分以下の労力でできたかな?」と思うこともしばしば。
20代のみなさん、行動するなら今です!

これを読んでいる20代の方が、よりよい未来を開拓できますように♪

pocochaで稼ぐ、”Sランク”ママライバーに直撃インタビュー!!