名前を取り戻したヴィジュアル系バンド・FEST VAINQUEURの新たな挑戦

ビジネス・副業

バンド名を巡る裁判を経て、新アルバムをリリースしたヴィジュアル系ロックバンド・FEST VAINQUEUR(フェスト ヴァンクール)。
新型コロナウイルスの影響によりライブができない今、「無観客配信」という形でライブを発信しています。

インタビュー後半の今回は、無観客配信ならではの苦労や、独立を経験した彼らだからこそ伝えたい「夢を追う生き方」について語っていただきました。

「芸名使用禁止」を乗り越えたV系バンドFEST VAINQUEURに直撃取材!

コロナ禍で「無観客配信ライブ」を開催

画像左から、Gt.I’LL、Vo.HAL、Ba.HIRO、Gt.GAKU

新型コロナウイルスで大変な世の中ですが、ライブができない以外に何か影響はありましたか?
倉本菜生
倉本菜生
Vo.HAL
Vo.HAL
ライブ以外にもトークイベントや握手会、サイン会、撮影会など、僕ら当たり前のようにたくさんやってきたんですよね。
ファンとの距離もいい塩梅で近くなりすぎず、でもある程度は近くにいたいって気持ちを大事にしてきました。

 

ライブやイベントがコロナでできなくなってから、ファンからも「会いたいです」「ライブを生で見たいです」って声が多くなって。

 

今は配信主流になって、独自で配信できる時代になりましたが、ライブを生で見た時の臨場感って唯一無二なんですよね。それは何かに換えられるものではないと思っています。

 

僕ら自身もライブやインストアイベントで直に接するのをメインに動いていたところがあるので、良くも悪くも考えるきっかけになっているなとは思います。

Gt.GAKU
Gt.GAKU
ライブ以外でダメージというと……ギターを背負って電車を利用した時に、知らない人から「こんなご時世でも君たちはお客さんを集めて演奏しているのか」って言われたことがあります。

 

その時はスタジオに個人練習をしに行く途中だったので、「練習しに行くんですよ」って伝えたらそれ以上は何も言われなかったんですが……偏見の目で見られてしまったことはショックでしたね。

 

ばい菌扱いされたような印象を受けてしまったので。

コロナ禍初期の報道でも、ライブハウスでクラスターが発生したとよく言われていましたからね……。
倉本菜生
倉本菜生
Gt.GAKU
Gt.GAKU
ライブハウスの件が大々的にニュースで取り上げられてしまったので、報道を見た人の反応として致し方ないことなのかなとは思います。
先日無観客ライブを実施されていましたが、お客さんの反応が無い中でのライブはいかがでしたか?
倉本菜生
倉本菜生
Gt.GAKU
Gt.GAKU
正直言うと、違和感はあります。

 

普段ならこの曲のここでファンの方が声を上げてくれるとか、曲間のMCで喋ってもレスポンスがあるけど、無観客だとシーンとしている。
あれはとんでもない違和感ですね(笑)

 

2回目の配信ライブからは手元にタブレットを用意して、ファンからのコメントを確認するようにしました。

 

それで幾分かはマシになりましたけど、やっぱりあのシーンとした空間は違和感が拭えないですね。

Vo.HAL
Vo.HAL
最初は違和感があるだろうなと思いながら臨んだんですよね。
今まで当たり前のように目の前にファンの方がいてくれたので、反応が直に返ってこないのは多分違和感があるだろうなと。

 

本番に近いリハーサルやゲネプロのイメージでやった上で、タブレットの画面越しにリアルタイムで返ってくる反応を見ながらやれば、そこまでの差を感じずにやれるんじゃないかと思いました。

 

1回目の配信ライブはスタジオから生演奏だったんですが、コメントを読んでいると「見てくれている人がそこにいるんだ」って体感的な確認ができて。
今ライブしてるんだって気持ちがすごく芽生えてきましたね。

Ba.HIRO
Ba.HIRO
1回目の配信ライブでは、普段のライブよりもテンションの上げ方が弱くなってしまったけど、これも慣れなのかなと思います。
3回目4回目となってくると、もっと上手くボルテージを一気に上げられるのかな。

 

1回目の配信ライブが終わって、ファンからたくさん感想をもらったんですよ。
その感想を読んでいると、画面越しではあるけどみんな楽しんでくれているんだって伝わってきました。

 

たださっきガッくんが言ったように、MCのレスポンスが無いのはちょっと寂しいですね。

 

でも無観客ライブ自体は僕たちも少しずつ慣れてきているので、これからもみんながちょっとでも楽しめるライブを届けたいなと思っています。

Gt.I’LL
Gt.I’LL
配信ライブでも普段と変わらず良い物を届けられたかなと思っています。

 

やっぱりライブハウスで爆音の中、ファンの皆さんと目を合わせて盛り上がっていく「生」の部分と差はありますが、配信はライブとは別物って感じで僕は楽しかったですね。

 

今までやっていたライブの代わりになるものではないけど、別物として僕はすごく楽しかったし、やって良かったなと感じています。

ビジュアル系のライブって、ヘドバン等の一体感が他の音楽ジャンルのライブと違っている部分ですよね。
いわゆる「暴れ曲」でファンからの反応が無いことに寂しさはありましたか?
倉本菜生
倉本菜生
Gt.I’LL
Gt.I’LL
僕はテンション上がっちゃってたんで、寂しさとかは無かったですね。

 

ファンの方からのメッセージを見ていたら「画面の前で暴れていました」って声もあったので、きっと暴れたい子は暴れてくれているんだろうなと思いながらやっていました。

夢を与えるアーティストとしての目標と努力

FEST VAINQUEUR名義を取り戻しリリースされた新アルバム『ReGENERATION』

今は個人事務所を設立して活動していらっしゃいますが、個人でやるデメリットは何かありますか?
倉本菜生
倉本菜生
Ba.HIRO
Ba.HIRO
今までは事務所にお世話になっていた分、経理など裏方の作業はスタッフさんがやってくれていました。

 

事務所を抜けるまでメンバーは音楽活動一本でやっていたんですが、独立してからは今まで他の方にやってもらっていた仕事をメンバーで分担してやっている状況ですね。

 

僕がバンドのリーダーなんですが、バンド活動以外の仕事が増えたなって感じです。

FEST VAINQUEURという名前を取り戻して、これからまた新たに活動していく中で、目標にしている場所はありますか?
倉本菜生
倉本菜生
Ba.HIRO
Ba.HIRO
 FEST VAINQUEURが8周年を迎えたタイミングで「大阪城ホールを目指す」という発表をしました。
けど、前事務所との件やコロナの影響などいろいろな問題が生まれて、今はちゃんと体制を整えたいなと。

 

裁判の件も、7月に決定が出ると思っていなかったので、ちょっとびっくりしているんですよね。
名前を取り戻してやっと独立のスタートラインに立てたと思っています。

 

今は大きな目標を掲げられる状況ではないので、この状況でできることをやって、世の中が元に戻っていったら今まで通りライブハウスでライブをしたいです。
今年スタートしたツアーも、途中でストップして完全におあずけ状態になっているので。

 

ファンのみんなが署名活動などで支えてくれたおかげでFEST VAINQUEURの名前を取り戻せてバンドを守れたので、そういったお礼を含めて全国をまわるようなツアーもしたいと考えています。

夢を売るアーティストとして、皆さんが意識されていることや努力されていることは何でしょうか?
倉本菜生
倉本菜生
Ba.HIRO
Ba.HIRO
音楽って、聴いてくれている人の人生の支えになっていたり、生活の一部になっていたりするんですよね。
僕自身好きなアーティストがいて、その曲を聴いていろんなものを吸収しています。

 

僕たち4人の音楽を好きだと言ってくれるファンのみんなに曲を届けて、みんなの人生にFEST VAINQUEURの音楽が良い影響を与えられたらなと。

 

裁判の件もそうですが、夢を与えるという意味でも「物事に向かって諦めずに信念を持って突き進めば、必ず結果も付いてくるよ」ってバンドの活動で証明していきたいなと思っています。

Vo.HAL
Vo.HAL
 努力はもちろん必要だと思うし、やらなきゃいけないことって絶対に出てくるんですよね。
「これ努力しないとな」って何かをやりだしても、壁にぶち当たると辞めたくなることもあると思うんです。
その時に、自分の中でちょっとでも楽しいと思えるように置き換えられるかが大事かな。

 

例えば僕の話だと、コロナ禍で家にずっといるようになって「ライブも無いし体を動かさないと」って毎日運動しようと決めたんです。
運動を毎日続けるのも、最初は取っ掛かりがないとしんどく思っちゃいますよね。
でも、自分の中で「今日はこれだけやれて楽しかったな」って楽しさを見つけられると続けられるんですよ。

 

アーティストとして自分の思い描く自由を追い求めるなかで、苦しいと思いがちなことでも楽しさを見つけ出すのが大事だなって日々考えながらやっています。
苦しいのに楽しいってただドMな発言をしているだけになっちゃうんですけど(笑)

Gt.GAKU
Gt.GAKU
僕らの業種っていわゆるエンターテイメントになるわけですが、世の中ではエンタメ業の人間よりも一般のお仕事をされている方のほうが圧倒的に多いですよね。

 

僕の個人的な見解にはなりますが、働いている人の半分以上が楽しいと思ってやっていないんですよ。
ファンの方からも「仕事の嫌なこととか、今回のライブで吹き飛びました」ってメッセージが来ますし。

 

僕たちの仕事はそういう人たちに元気を与えるものだと思っているし、人を楽しい気持ちにさせて笑顔になってもらうのが使命だなと感じています。

 

そのためにはどうすればいいんだろうって、日々あらゆるエンターテイメントを研究していまして……。

 

例えば、自分が夢を追いかけるきっかけになったミュージシャンの映像を見たり、ジャンル違いだけどお笑い番組を見たりしています。
ファンのみんなに届けられるように、何かないかなと模索し続ける日々です。

Gt.I’LL
Gt.I’LL
僕たちは夢を与える側なので、自分たちも夢を持っていないとダメだと思うんですよ。

 

常に目標を持っておくとか、現状維持にならないように新しいものを探し続けるとか、考え続けるのが大事だなと思っています。

 

僕は迷った時には、音楽を始めるきっかけだったX JAPANさんの曲を聴いていますね。

近年ではエンタメ業界だけでなくあらゆる業界の方が、自分の夢を追って独立や自由な生き方を選ぶようになってきました。
自分の夢に向かってチャレンジしていきたい人に向けて、アドバイス等をお願いします。
倉本菜生
倉本菜生
Gt.I’LL
Gt.I’LL
僕たちも独立してしみじみと感じていますが、自分たちの責任において全てをやっているので、良いことも悪いことも自分たちに返ってきます。

 

だけど、頑張って何かを成し遂げた時の達成感はすごく大きいと思うので、やりたいことがあるのならば恐れずに挑戦してみてください。

Vo.HAL
Vo.HAL
一つひとつの積み重ねの中で、自分がやりたいと思っていることを信じて前に進んでいくことが大事だと思います。

 

僕たちもバンド名の件など色々ありましたが、絶対に取り戻せると信じて進んできました。
だからこそ今があると思うので、そういうマインドでお互い生きていきましょう!

Gt.GAKU
Gt.GAKU
僕が自分自身に言い聞かせていることなんですが、人生は一度きりなので「やりたいな、やってみたいな」と思うことがあるのなら、とりあえずやってみるべきだと思います。

 

それが成功したり結果が付いてきたりするとは限らないんですけど、やらないと分からないことなので。

 

限られた人生の中なんですから、やりたいと思ったことはやってみる。それが一番大事だと思います。

Ba.HIRO
Ba.HIRO
 僕たちも独立してまだ一年も経っていませんが、年数が経つごとにいろんな経験をして知識を得るのは皆さん一緒だと思います。

 

事務所さんとの兼ね合いなど、たくさんメリット・デメリットがあるので一概に「独立」が良いわけではないですが、そこを自分で見極めて、自分が信じた道を進んでいってください。

 

今回インタビューに応じてくださったFEST VAINQUEURさんの無観客・無料配信ライブが、本日8月21日19:30~ツイキャスにて行われます!

ナナミルの記事を読んで「どんなバンドだろう?」と気になった読者のみなさん、この機会にぜひチェックしてみてくださいね~!

◆無観客・無料配信ライブ


「FEST VAINQUEUR FREE LIVE 2020『ReBIRTH』in AKABANE ReNY alpha」
【日程】2020年8月21日(金)
【開演】19:30~(予定)
【出演】FEST VAINQUEUR
Vo.HAL / Gt.GAKU / Gt.I’LL / Ba.HIRO / Support Dr.SHO
【視聴方法】
TwitCasting @FESTVAINQUEUR_
https://twitcasting.tv/festvainqueur_ より配信
※スマートフォン・タブレットでのご視聴は事前に『ツイキャス・ビュワー』アプリの取得が必要です。
ツイキャスヘルプ https://twitcasting.tv/helpcenter.php

【録画公開期間】
~2020年8月22(土)23:59

【専用アイテム】
ツイキャス専用アイテム『お茶爆』のお礼
・当日全員集合写真データ1

◆NEW ALBUM『ReGENERATION』

各種サブスクリプションサービスにて全6曲配信中
1.MATRIX
2.O.M.G
3.Shangri-La
4.STELLA
5.ANIMA
6.エンドロール

『ReGENERATION』配信サービス一覧
https://linkco.re/cxvTBuF6

『STELLA』Music Video

◆アンコール&アフタートーク プレミア配信

【日程】2020年8月21日(金)
【開演】20:45~(予定)
【出演】FEST VAINQUEUR
Vo.HAL / Gt.GAKU / Gt.I’LL / Ba.HIRO / Support Dr.SHO

【視聴方法】
TwitCasting @FESTVAINQUEUR_より配信
※スマートフォン・タブレットでのご視聴は事前に『ツイキャス・ビュワー』アプリの取得が必要です。
ツイキャスヘルプ https://twitcasting.tv/helpcenter.php

【チケット購入URL】
¥1,500(税込)
https://twitcasting.tv/festvainqueur_/shopcart/17003

【録画公開期間】
~2020年9月4(金)23:59

【専用アイテム】
ツイキャス専用アイテム『お茶爆』のお礼
・当日全員集合写真データ2

<取材・文> 倉本菜生
<写真提供> FEST VAINQUEUR