「NiziU」のMVが解禁! 虹プロジェクト初期からハマった私が魅力を語ります

エンタメ・トレンド

「Nizi project」と出会って、K-POPにハマりました。

こんにちは。
うさたそです。

もともと私はバンドでギターボーカルをしており、音楽とは密接に生きてきました。
しかし学生時代は尖っていて、”かわいいは悪”だと言わんばかりに、アイドルに対して偏見を持っていたのですが……。

時は経ち、2020年。
アラサーになった私の心に、オーディションプロジェクト「Nizi project」(通称:虹プロ)がズドンと刺さりまくっておりました。

※「Nizi project」とは、世界で活躍できるガールズグループの発掘をテーマに放送されていたオーディション番組。レコード会社大手のソニー・ミュージックと韓国芸能大手「JYPエンターテインメント」が共同で企画し、日本を中心に韓国やアメリカからも応募者が殺到。約1年にわたる大規模オーディションを経て、2020年6月25日に最終メンバー9人が決定。「NiziU」としてデビュー。

 

最終まで勝ち残った13人。この中から9人が「NiziU」としてデビュー。

 

デビューメンバー発表時には、深夜まで起きてリアルタイムで視聴していたほど。

うさたそ
うさたそ
途中から激推しだったアカリちゃんが落ちて、本気で泣きました

そんな私が、「Nizi project」からデビューしたグループ「NiziU」の魅力について存分に語ります!

 

日本のアイドルとは違った魅力が盛りだくさん

まずは、解禁になったMVを見てみましょう。

このMVを見ると、「メンバーは日本人がほとんどなのに、雰囲気が日本のアイドルとは違う」と感じる人が多いのではないでしょうか。
これは、各国で求められているアイドル層の違いにあります。

日本のアイドルは、

・純粋さ
・(いい意味で)未完成な雰囲気
・身近に感じる

といった親近感や幼さが求められる傾向があります。

つまり、男性が「守ってあげたい」と感じるような女性像です。

 

それと対象的に韓国のアイドルは、

・美しさ
・高いクオリティ
・憧れの存在

と、いわゆる完璧さが求められます。

つまり、女性が「こんな女性になりたい!」と感じる人物像です。

 

日本でも様々なオーディション番組が放送されていますが、「Nizi project」に出ていたNiziっ子たちのクオリティの高さに驚いた人も多いのでは?

※Niziっ子=Nizi projectに参加していた子達の総称

 

 

日本や韓国、アメリカのダンススクールや養成所で練習を積み、オーディションに受けにきたツワモノばかり。
そんな中で勝ち抜いて残るメンバーは、日本人が持つ”アイドル”のイメージとは全く違います。

歌声は鳥肌がたつほどキレイで、ダンスは見ていて気持ちが良いほどキレッキレ。
時にはプロデューサーからの厳しい指導に涙を流しながらも、改善の努力をして成長する彼女たち。

うさたそ
うさたそ
みんな心までキレイで、本当に見ていて何度ももらい泣きしました……。

 

プロデューサーのJ.Y.Parkさんのマネジメント力がすごい

そして、もうひとつの大きな魅力はプロデューサーのJ.Y.Parkさん。
日本でも多くの人が知っている、twiceや2PMを生み出している凄腕プロデューサーです。

普段はとてもにこやかな表情のJ.Y.Parkさんですが、審査のタイミングになると打って変わって真剣な顔に。
素人目では全く気付けないところまで見抜き、Niziっ子たちの成長のために必要な言葉を丁寧に投げかけていました。

時には「厳しい一言だな……」と思うこともありましたが、その言葉の裏には次への期待が込められていて、愛情を感じるものでした。

 

 

日本では、プロデューサーやディレクターが感情的に怒るようなシーンが放送されがちです。
しかしJ.Y.Parkさんからメンバーへの叱咤(しった)は、”親心”に似たものを感じます。

感情的にではなく、相手に丁寧に伝えようとしているのが見ている視聴者にも伝わりました。

また、「なるほど、そういうところを見ているんだ」とハッとすることもしばしば。
「J.Y.Parkさん本人が歌手として成功しているからこそ、こんなアドバイスができるんだな」と何度も納得しました。

ストレスからか、少し痩せたメンバーのみいひちゃん「ちゃんとご飯食べてね」と声をかけていたのはもはや伝説です。

私の場合、このアドバイスや言葉を聞きたくて見ていたといっても過言ではないです(笑)

うさたそ
うさたそ
今回のMVでもJ.Y.Parkさんが出演してるけど、めっちゃかわいい。
むしろ私、J.Y.Parkさん推しなんかも。

 

曲やダンスがかっこいい

そして、アーティストとして欠かせないもうひとつの魅力が”曲”です。

ただ女の子らしいキラキラした曲ではないのがK-POPの特徴。
曲自体がとてもかっこよいものが多く、ダンスももちろんとってもかっこいいので何度も見てしまいます。

曲によって全然違った表現力を発揮する「NiziU」のメンバーにも惹かれっぱなしです。
まだ10代の女の子たちとは思えないような色っぽい表情やダンスから力強いダンスまで、まさしくオールラウンダー!

「日本のアイドルが苦手」と毛嫌いしていた人も、「NiziUの曲にはハマった!」なんて声も聞きます。

うさたそ
うさたそ
オーディションではJ.Y.Parkさんの曲がミッション曲になることがありましたが、曲自体がおしゃれすぎて驚きました

 

世界的に羽ばたくアーティストになるのが楽しみ!

Nizi project」は、世界中で活躍できるアイドルを育てることを目的に開催されました。

 つまり、「NiziU」は世界的アイドルになると約束されているのです!!
9人の活躍がこれからとっても楽しみですね。

日本女性のあこがれの的になること間違いなし! 私はこれからも「Nizi U」を応援し続けます!

うさたそ
うさたそ
以上、完全にファン目線から「NiziU」の魅力をお届けしました。

皆さんもぜひハマっちゃってくださいね!

 

それでは!

 

画像・引用:Nizi Project Official Website , NiziU Official Website , NiziU Official Twitter