【仕事が苦痛な人へ】ストレスを感じる原因ととるべき対処法とは

悩み

 

人は、生活をするために働かなければいけません。

しかし、仕事が苦痛だと感じながら続けていると「生きるために働いている」のか「働くために生きているのか」わからなくなってしまい毎日がつらいでしょう。

 

仕事が苦痛だと感じるのは甘えではありません。

むしろ、苦痛であるにもかかわらず騙し騙しすごしていると、いつか心身ともに疲労し働くこと自体がイヤになってしまいます。

 

この記事ではたった一度きりの人生を消費しないため、仕事が苦痛な人にその原因と対処法をご紹介していきます。

仕事が苦痛だと感じる原因

まずは、仕事が苦痛だと感じる原因について考えていきましょう。

仕事が苦痛な原因は大きく分けて4つです。

人間関係がうまくいっていない

職場での人間関係は、職場での苦痛の大きな原因となる可能性があります。

会社の仕事は上司や同僚と一緒に行われることが多く、1人ですることはできません。

そのため人間関係に問題があると、仕事をこなすのが難しくなり仕事に行きたくなくなります。

上司がいつも怒っていたり、職場全体が忙しかったり、従業員同士の関係が悪いなどの場合は人間関係が要因と言えるでしょう。

 

また、逆に一緒に仕事をしている人が優秀すぎることで、ストレスを感じる人もいます。

自分が劣っていると感じる人にとっては仕事をするのがつらくなってしまい、仕事が苦痛に感じてにてしまうのです。

 

どれだけ自分の仕事が好きで良い待遇だったとしても、自分の居心地がよくなければ続けることは難しいでしょう。

仕事が自分にあっていない

日本の会社は、基本的に週5日勤務が多いです。

7日間しかない一週間のうち5日もやりたくない仕事をしていると苦痛を感じるのは当然のこと

 

あなたのスキルに達していない場合、「何をやっても自分はできない」と考える人も少なくないです。

スキルが伴わないことで仕事が進まず、時間がなくなり残業の毎日なんてことも。

とはいえ、暇な時間がありすぎるのがストレスの原因になる場合もあります。

「このまま時間をムダに過ごしていていいのだろうか?」と焦りを感じてしまうからです。

時間がゆっくりと過ぎていき、スキルは向上せず、レベルアップや前進ができなくなると不安に感じてしまうんですね。

給料が見合っていない

会社へ行く多くの理由は”生きるために”働くつまり、給料をもらうためです。

仕事の動機が給料である人にとって「自分の仕事に見合った給料がもらえていない」と感じるなら、仕事を続けるのは苦痛に感じます。

「もっとお金を稼ぐことができる会社へ転職したい」と考えたことを一度でもある人は、今の会社の給料に満足していないことを意味します。

基本給に満足している場合でも、残業代が思うように出なければ「働いたものに対して見合ったお給料が出ていない」と思うでしょう。

 

給料の額は、その人の成果を評価されているのと同じですので「正しい評価がされていない」ことに不満を感じてしまいます

職場環境が合っていない

職場の環境が合わなければ仕事を楽しく続けることができません。

上司が帰るまで家に帰れない、行事ごとが多いなど、会社と体質が合わないと違和感やストレスを感じます。

上司に媚びへつらい、仲良くしているひとが評価されているような環境を目にすると仕事が苦痛になるのも当たり前です。

 

企業の文化や職場の環境は、ひとりの力で変えることは容易ではありません。

仕事が苦痛だと感じたまま働くリスク

心身に不調をきたす

多くの人は、仕事の準備・通勤時間・仕事・休憩・残業と一日の大半を働くために過ごします。

睡眠時間を考えると、生きていて仕事をしていると言っても過言ではありません。

苦痛だと感じている仕事を続けると、生きる意味がわからなくなってしまいます。

 

なかには仕事のプレッシャーで眠れない人もいるでしょう。

そうなると、心身ともに疲れがたまり正常な判断ができなくなってしまいます。

 

日本人はとくにうつ病が多いといわれていますが、あなた自身も例外ではありません。

心身の正常さを失うと、人生は一変してしまいます。

関連記事:「仕事が怖い」毎日なら逃げ出そう。仕事への恐怖心をなくす唯一の方法

仕事の実力が上手く出せない

仕事が苦痛になると、やる気も出ず、仕事に集中することができなくなります。

単純なタスクでさえ、間違いが気づけない、何度も同じミスをしてしまう、などの悪影響が出てしまう可能性も。

その結果トラブルを引き起こしてしまい、周りからのあなたの評価は下がる一方です。

周りからの評価が下がると働きにくくなり、さらに仕事をするのが苦痛に感じる悪循環になってしまいかねません。

意欲が高くないことは仕事をする上で、大きなリスクとなるのです。

関連記事:仕事をミスばかりするのはストレスが原因!つらい状況から抜け出す方法

仕事に苦痛を感じたときに絶対にやってはいけないこと

仕事をする上で、責任感を持って取り組むことはとても大切です。

しかし「私は何もできない」や「何をやっても失敗する」と必要以上に考えると、傷ついてしまうだけ。

通常の判断が難しくなり、自分を責め続けるだけになってしまいます。

 

まずは「私ができないことは仕方がない」と認め、できることから取り組むようにしましょう。

関連記事:会社をずる休みしたくなるのは「心の風邪」が原因!理由をつけて休んでOK

仕事が苦痛なときの対処法

最後に、仕事が苦痛なときにやるべき行動6つを見ていきます。

苦痛の原因を明確にする

まずは、あなたが現在の仕事に苦しんでいる原因を明らかにすることが重要です。

原因がわからなければ、何を改善すればよいのかわからず、たとえ転職をしても同じ原因で悩むことになるかもしれません。

「対人関係は苦手」「上司が苦手」など原因は人それぞれです。

何が苦痛を引き起こしているのかを、何が最もストレスを感じているのかをまずは明確にしましょう。

新しいスキルを身に付ける

仕事の内容に不満がある場合は、やりたい仕事ができるように新しいスキルを身につけるのもおすすめです。

読書やセミナー参加、会社で行われる研修に積極的に参加するのも良いですね。

掛け持ちで副業をしながら実績をつけて、独立を目指すような人もいます。

できることが増えれば仕事の選択肢も必然的に増えますので、自分自身が楽しく働く方法を見つけやすくなるでしょう。

人事部に相談する

上司や職場の人たちとの反りが合わない場合、部署の変更依頼など人事部に相談することもできます。

職場環境自体が合わない場合は難しいですが、人間関係で悩んでいる場合は改善される可能性があります。

自分にとって今の環境を苦痛であることを明かさない限り、周りは自分の異常に気付いてくれません。

まずは、人事部に部署変更の余地があるのか確認してみましょう。

転職を検討する

人事部への相談や上司への掛け合いなど、会社内でできることをすべてやっても苦痛が解消されない場合や、仕事内容自体が自分に合わないと感じた場合は、転職を検討しましょう。

今回の職場及び仕事内容があなたに合わなかっただけで、あなたの能力を活かせる仕事は必ずあります。

 

苦痛を感じながら働くことは、あなた自身にとっても会社にとっても最善の方法ではありません。

勇気を出して一歩踏み出してみましょう。

関連記事:【めんどくさがり向け】とりあえず登録するべき転職サイトとその理由

副業をする

朝早く起きて通勤する、定時まで働いて上司の表情を常に気にする……。

といった、会社員としての生活が合わない場合は独立を検討してみてもいいでしょう。

しかし、いきなり会社を辞めて独立するのはリスクが伴います。

まずは副業で自分のスキルを試してみてください。

 

副業で実績を積むことができ、売上をあげることができれば仕事の幅が更に広がります。

収入の軸が増えるだけで、心の余裕も出てきますので仕事への取り組み方や考え方も変わりますよ。

関連記事:会社員に向いていない!?会社員以外の仕事についてフリーランスが話し合ってみた

まとめ

仕事が苦痛だと感じるのは決して甘えではありません。

あなたの能力が今の会社に合っていないだけです。

働く環境を変えるのは決して楽な決断ではないですが、今のまま働き続けても苦痛な状況は改善されません。

まずは、自分が苦痛な理由を明確にしてから今回紹介した対処法を試してみてくださいね。

 

あなたが「働いていて楽しい」仕事に出会えますように。

それでは!