【必見】通勤時間の無駄な理由とその解決方法!有意義に過ごそう!

悩み

毎日会社への通勤時間が無駄に感じ、

「会社に行くまでに疲れてしまう」

「仕事に行くのが憂鬱になる」

と悩みを抱えている人は少なくありません。

 

実際、通勤時間は多くの場合”無駄”になっているのです。

 

今回は、そんな通勤時間に関する悩みや、その対処法についてご紹介していきます。

通勤時間を有意義に過ごす方法も詳しく説明しておりますのでぜひチェックしてみてくださいね。

通勤時間は無駄!休みを減らしている

あなたが都会で働いている場合、郊外から1時間以上かけて通勤している人もいるのではないでしょうか。

「長い通勤時間はつらいけど避けられない」「会社の近くに引っ越したい」と考える機会も多いはず。

 

毎日往復で2時間の通勤でも、年間で考えると時間の損失は馬鹿になりません。

 

2時間/1日×20日/月×12ヶ月/年=480時間

と、年間で480時間も無駄になっているのです。

 

480時間は、日数にして20日。

つまり、20日間通勤時間が少ない人よりも休みが少ないのと実質同じになってしまいます。

通勤時間が無駄だと感じる4つの理由

では、具体的にどういった理由で人は通勤時間を無駄だと感じるのでしょうか?

その理由は4つあります。

通勤ラッシュや満員電車がしんどい

会社の始業時間が同じ人は多く、朝は通勤ラッシュで電車やバスに人が溢れています。

会社が密集している都会の方へ向かう交通機関は、特に人が混雑しています。

 

ただ電車やバスに立って乗っているだけでもしんどいのに、満員電車で足を踏まれたり人の汗を感じたりすると不快に感じる人も多いでしょう。

 

こういった、精神的ストレスや身体的ストレスにより通勤時間が無駄だと感じます。

会社に着くまでに疲れてしまう

通勤時間が苦痛なことにより、毎日会社へ向かう足取りも重くなってしまいます。

また、会社に着く前に精神的にも身体的にも疲労してしまい仕事へのやる気が出ません。

 

その結果、仕事が集中できずダラダラと行ってしまい遅くまで残業、そして疲れがとれないまままた朝の通勤……。

と、悪循環になってしまいます。

関連記事

「残業したくない」のは当たり前!!デキる人ほど定時退社をする理由とは

自分のための時間が持てない

通勤している間、給料は発生していないのに「プライベートな時間」とは違いますよね。

家にいれば、家族との時間や、趣味の時間、睡眠時間など自分のための時間になるはずなのにできません。

 

プライベートな時間を確保できないことは、ストレスに繋がります。

とくに睡眠時間が確保できない場合は、体調不良になってしまう可能性も高まるため注意しましょう。

感染病のリスクがあがる

電車やバスなどの公共交通機関は密室になってします。

そのため、感染症にも大きな影響があるのです。

 

相手との十分な距離を保ちにくく、密接した状態での通勤は感染リスクを大幅に上げてしまいます。

職種や業種によっては、通勤が必ず必要になるため朝の通勤ラッシュを解消することは難しいのです。

無駄な通勤をなくす!試してほしい3つのこと

ここからは、実際に通勤時間の無駄をなくすために試してもらいたい3つのことをお伝えしていきます。

リモートワークに切り替える

リモートワークが可能な職種・業種であれば、会社に交渉してリモートワークをできないか相談してみましょう。

上司や、人事担当に相談することでより良い働き方を提案してもらえるかもしれません。

 

しかし、会社によってはリモートワークのできる環境にも関わらずリモートワークを嫌う会社もあります。

今の会社でできる相談を色々してみても状況が変わらない場合は、転職をすることも一つの手段です。

転職をする

2つ目は転職すること。

前述したように、会社に相談しても納得のいく理由がなくリモートワークなどを取り入れてもらえない場合があります。

 

しかし、会社への通勤時間は、精神的にも身体的にも多くのストレスを与え、仕事のパフォーマンスが落ちてしまいます。

ストレスから、会社を辞めたいと感じる人も出てくるでしょう。

 

そのような状態で今の仕事を続けていても、仕事が上手くいくことはありません。

通勤時間により精神的にきついと感じている方は早めに転職を検討しておきましょう。

 

関連記事

【めんどくさがり向け】とりあえず登録するべき転職サイトとその理由

会社の近くに引っ越す

ひとつめは、会社の近くに引っ越すということ。

「そんなすぐに引っ越すのは無理」「引っ越しが面倒」だと、非現実的に感じる人も多いでしょう。

 

しかし、毎日の通勤時間から”費用対効果”で検討してみるのがおすすめ。

1年間で通勤時間が短い人よりも1ヶ月程休みがすくなくなっていると考えれば、引っ越すのも検討の余地がありそうですよね。

 

また、時給換算をしてみるとわかりやすいかもしれません。

 

引っ越しに30万円がかかってしまったとしましょう。

その代わり、毎日の通勤2時間がなくなります。

 

給料25万円の時給は

250,000円/月÷20日/月÷8時間/日=約1,560円です。

 

2時間の通勤がなくなりますので

1,560円×2時間=3,120円分、”給料の発生しない時間”がなくなるのです。

 

30万円の引越し費用も

300,000円÷(3,120円×20日)=4ヶ月 以降はプラスに。

 

普段の通勤時間にお金が発生するという考えがないと、少し理解しにくいかもしれません。

しかし、仕事に関わる時間は常にすべて含めてお金を意識しておくと、判断がしやすいですよ。

関連記事

【体験談】隣人トラブルを避けるには? 物件選びの落とし穴を解説!

通勤時間の無駄が省けないなら有意義に過ごそう

色々試したいけど、どうしても今の状況では通勤時間の無駄を省くことができない!

という場合は、通勤時間中にできる”有意義なこと”を見つける必要があります。

その中でも、おすすめの方法は4つです。

エンタメ・読書を楽しむ

往復を1時間を超える場合の人は、VODなどの動画配信サービスの利用がおすすめ。

映画やドラマ・読書を楽しむことで、通勤時間を”仕事の一環”な時間にせず自分のための有意義な時間として過ごすことができます。

 

通勤時間を楽しむ用のおすすめVODは映画・ドラマ・本のすべてが揃っているU-NEXT

1ヶ月間無料で試すことができるため、「動画を見ながら通勤するスタイル」が自分に合っているかどうかを確認することができます。

せっかく契約してお金を払ったのに「動画を見ながら電車に乗ると酔った」なんてことがあったら悲しいですよね。

まずは1ヶ月無料で試しておきましょう。

 

また、作品のダウンロードができるためオフラインでの視聴も可能です。

地下鉄などを利用されている人もダウンロードさえしておけば問題ありません。


リスニング学習

2つ目は、通勤時間を使ってリスニングで学習すること。

リスニング学習と聞けば、英語を思い浮かべるかもしれませんがそれだけではありません。

 

たとえば、amazonが運営している本を音読してくれるサービスaudibleを使えば、最新の本の情報を聞けます。

他にも、youtubeを利用すれば無料で興味のある分野の情報が発信されています。

 

リスニング学習は、通勤時間をスキルアップするための時間に変えて有意義に過ごすことを可能にしてくれるのです。

通勤時間中に仕事を先に進める

できることは限られていますが、通勤時間中に仕事を先にすすめるのもひとつの手段です。

メールのチェックや、スケジュールの確認、クラウド上に格納している書類のチェックなど「会社に着いてからいつもやること」を通勤中に済ませておくことで効率よく仕事ができます。

 

注意点としては、他にも乗客がいるため会社の情報が漏れては大変です。

他の人に見られては困るような内容のものはやめておきましょう。

副業をする

通勤時間中に、スマートフォンを使って副業することもおすすめです。

例えば、ブログやWEBライティングなどの文字を打つ仕事はスマートフォンでもできますよね。

株や仮想通貨などの投資、そしてネットショップ運営などもスマートフォンで行うことができます。

 

往復の2時間で1日5,000円を稼げたなら、1ヶ月で5,000円×20日=100,000円と、かなり稼ぐことができます。

家に帰ってからは徹底的にダラダラする!と決めて合間に副業をするのは経済的余裕にも心の余裕にも繋がりますよ。

 

関連記事

個人で稼ぐ!在宅で出来る主婦やOLにオススメの副業5選。

まとめ

毎日のつらい通勤時間。

ただ、「つらい」と思っていて何もしなければ現状は変わりません。

 

まずは、通勤時間を減らせることができるのか。

そして減らすことが難しければどのようにして過ごすのか。

を検討し、自分の”快適”な通勤時間を見つけてください。

 

通勤時間のストレスが変わるだけで、仕事のやりがいやパフォーマンスも変わってきますよ。