「仕事が怖い」毎日なら逃げ出そう。仕事への恐怖心をなくす唯一の方法

退職

 

「毎朝、仕事に行くのが怖い」
「もう仕事で怒られたくない」

と、会社へ行くことに恐怖を感じて悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか?

 

会社に行くのが怖いと感じると、精神的に負担がかかってしまい心身ともに疲労してしまいます。

また仕事のパフォーマンスも下がってしまい、自分自身をより追い詰めてしまうかもしれません。

 

そこで今回は、「仕事に行くのが怖い」と感じている人向け。

仕事への恐怖心から抜け出す方法について解説していきます。

「仕事が怖い」と感じるのは悪いことではない

「仕事が怖い」「会社に行きたくない」気持ちが悪いことのように感じる人もいるでしょう。

しかし、仕事が怖いと感じるのは悪いことではありません。

自分の恐怖心を無視して働き続けることのほうが、リスクを伴うからです。

 

心の変化を無視して働き続けると、今の仕事だけでなく「働くこと」自体に不安を覚えるようになります。

また、仕事が怖いと感じる根本的原因に関わるすべてにおいて恐怖心を感じるようになってしまう恐れも。

そうなると、生きていくこと自体に負担を感じるようになってしまいます。

 

心身ともに病むまで我慢するのではなく、「仕事が怖い」と感じている今の自分を認めることが大切なのです。

仕事が怖いと感じる原因は?

では、実際にどうして仕事が怖いと感じるのでしょうか?

仕事が怖いと感じる原因は、マズローの5段階欲求で見ていくとわかりやすいです。

マズローの欲求5段階とは、人間の「欲求」には5つの段階があるとする心理学理論です。

なかでも、会社に所属することで重要となってくるのは「社会的欲求」「承認欲求」

「社会的欲求」とは、何らかの社会集団に所属して安心感を得たい欲求のことで

「承認欲求」は、所属の中で高く評価されたい、自分の能力を認められたい欲求のことです。

この2つの欲求が満たされない環境下にあると人は不安に感じ、仕事に対しても不安を感じる原因となります。

 

詳しく見ていきましょう。

人間関係が原因

上司からのパワハラやセクハラなどハラスメントを受けている

上司から怒鳴られる
上司から不快なことをいわれる

など、上司との人間関係が原因です。

他の人がミスをしてもそこまで怒られないのに、自分がミスをすると怒鳴られたり、人格否定をされたりすると精神的に追い詰められます。

仕事内容が楽しいとしても、上司からのハラスメントにおびえながらでは楽しく仕事はできません。

マズローの欲求5段階で考えると、承認欲求が満たされる状態ではないですよね。

職場で話せる人がいない

会社に行っても自分の居場所がないと感じる場合、会社に行くことがつらくなります。

お昼を誰にも誘われない。
話しかけても邪険に扱われる。
仕事で困っていても誰も助けてくれない。

そのような状況で1日過ごしていても、楽しいはずがないですよね。

人に認められている実感もなく、承認欲求は満たされません

労働環境が原因

続いて、労働環境が要因の場合です。

労働環境が整っていないと、マズローの5段階欲求の”社会的欲求”が満たされずその環境にいるのがつらいと感じます

毎日のように残業をさせられる

残業をするのが当たり前で、定時で帰ることが許されないような環境だと身体への負担がかかります。

「平日は家に帰って寝るだけになっている」
「自分の時間も持てない」

ような状態だとリフレッシュする時間もとれません。

身体の負担が大きくなると、集中力が持たず仕事のミスも多くなってしまう恐れが。

そうなると、人間関係にも悪影響が出てしまいます。

関連記事:仕事をミスばかりするのはストレスが原因!つらい状況から抜け出す方法

また、疲れが取れずメンタル面への影響も出てくることでしょう。

ノルマが厳しい

仕事のプレッシャーに耐えきれず、会社へ行くのが怖くなることがあります。

プレッシャーを感じていると、人は心身ともにストレスを感じます。

少し程度のプレッシャーであれば、パフォーマンスを上げると言われていますが毎日続くとなると心も体も休まりません。

 

人はプレッシャーを感じると交感神経の情報伝達物質として「ノルアドレナリン」を放出しますが、ストレスなどで放出が不均衡になるとパニック障害やうつ病などを引き起こす危険があるといわれています。

そのため、このプレッシャーに対する身体の危険信号を無視しながら会社に通っていると神経病を患ってしまう恐れがあるのです。

仕事が怖いまま会社へ通うリスクは?

仕事が怖いと感じたままでは、とうぜん精神的によくありませんよね。

では、実際にどのようなリスクがあると思いますか?

それは、「会社に行けない」状態になることです。

心が「仕事に行くことができない」状態へ

仕事への恐怖心から、”心”が病んでしまい会社に行けなくなってしまいます。
症状が悪化してしまうと、会社へ行くことを考えるだけで心身が拒否状態に。

”無気力になり何もできなくなる””めまいがする”など、さまざまな症状が出て会社に行くことが困難になってしまうのです。

その状態でどうにか会社へ行ったとしても、精神的に追い詰められた状態にはかわりありません。

仕事でいいパフォーマンスができず人間関係の悪化にもつながってしまい、より自分を追い詰めることとなるでしょう。

 

また、会社は心が病んで働けなくなってしまった場合も保証をしてくれることはありません。

心の病は完治まで時間がかかることも多いですが、会社は基本面倒を見てくれません。

もし今の会社で心を病んで退職することになっても、次に就職できるようになるまでの間はあなたがどうにかするしかないわけです。

関連記事:会社をずる休みしたくなるのは「心の風邪」が原因!理由をつけて休んでOK

 

「心の病は甘え」だと感じている世代の人もいまだにいます。

しかし、実際に日本では「仕事に行きたくない」という理由で自殺をしてしまう人も少なくありません。

心の病を軽く見ていてはいけないのです。

仕事が怖い気持ちを克服するには会社と距離を置くしかない

仕事が怖い克服方法について調べていると『周りからの評価を気にしない』『自宅で仕事のことを考えない』など色々な内容が出てきます。

しかし、それができる人はもうやっていますよね。
できないからこそ、追い詰められて今つらい思いをしているはず。

 

ではどうすればいいのか。

 

それは、社を休む選択肢をとることです。

「それ以外の方法を知りたい」と思う人もいるかもしれませんが、まずは会社との距離を置かなければ、あなたの不安や考えは変わりません。

 

長期期間休むのがどうしても難しい場合は、3日間以上連休になるよう有給をとってみてください。

少し会社から離れることで、冷静に「自分がどうして仕事を怖いと感じているのか」「今後の自分はどうしていきたいのか」考える時間を持つことができます。

一定期間休むことで、心身が休まり仕事への恐怖心が少し薄くなる可能性も考えられます。

 

また、心の状態に不安があるなら休んでいる間に病院へ行くこともできます

そこでカウンセリングを受けながら自分の心の状態を知ることで、自分が次に取る行動を考えることができます。

 

いきなり仕事を辞める選択肢はリスクに感じる人も多いと思います。

その点、休職であれば

・会社への復帰ができる
・(会社によって)休職中も給料がもらえる

などのメリットがあります。

 

一度休んでみて「どうしても今の職場ではやっていけない!」と感じるのであれば転職や退職を視野に入れましょう。

働くこと自体が怖くなってしまう前に、新しい環境に身を置いたほうがうまくいくこともあります。

関連記事:「仕事に疲れた!辞めたい」とき、辞めるべき人と続けるべき人の差は?

 

自分の働き方を決めるのは、自分であることを認識しておきましょう。

まとめ

仕事に恐怖心を感じたまま、仕事を続けることは心身ともによくありません。

そのままの状態を放置していると、働くこと自体に支障が出てしまいます。

 

勇気を出して一度会社との距離を置き、仕事に行きたくない理由や気持ちや心身の不調と向き合う時間をとってみてくださいね。

それでは。