料理系YouTubeの撮影現場に潜入!プロの料理人と動画制作会社によるこだわりとは?

WEB・SNS

イオングループ、ザ・ボディショップの元専務がプロデュースするYouTubeチャンネル『2ndステージ』「京都の文化を国内外に紹介」をテーマに、YouTuber育成・プロデュース・動画製作をおこなっています。
撮影を担当しているのは、なんと映像制作会社のプロたち!
その動画撮影現場に、特別に許可を得て密着取材してきました!

動画プロデューサーである浅井健吉さんへのインタビュー記事はこちらから↓

ナナミル
1970.01.01
ナナミル
https://nanamiru.com/2020/06/07/72chosen/
ナナメに見る世界は、ちょっぴりおもしろい

本格的な撮影カメラと照明。これはもはやテレビ現場!

今回の撮影場所は、京都市内の某所。指定された朝9時に筆者が現場へ行くと、すでにセッティングが始まっていました。

あれ……? 今日ってテレビ番組の収録でしたっけ……?
本格的な撮影機材と雰囲気に、一瞬ビビってしまった筆者。

本日のメンバーは、出演者である京料理人・一平さん、某映像制作会社代表のAさん・撮影隊のBさんとCさん。計4人での撮影です。

一コマ、一手順ずつの細かな作業

セッティングが終わり、午前9時過ぎから撮影が始まりました。
まずは使用する全ての食材の物撮りから。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao Kuramoto(@0electricsheep0)がシェアした投稿

その後、出演者の一平さんが一つひとつ丁寧に調理していきます。

一品完成するごとに完成品の物撮り

この工程を繰り返すこと、なんと6時間
合間に写真撮影やインタビューをさせていただきましたが、漂うおいしそうな匂いにお腹が鳴りました……。

それぞれのこだわり

普段はそれぞれプロの料理人プロのクリエイターとして働いている一平さんたち。
YouTube製作にあたり、どんなことを意識しているのか聞いてみました!

一平さん

京都にて京料理の店舗を開き、14年目。

YouTubeを始めたきっかけを教えてください。
倉本菜生
倉本菜生
プロデューサーの浅井さんから誘われたんです。
元々、浅井さんはウチの店の常連さんで。
「せっかく京料理をやっているんだから何か残してみない?」って言われて。
「僕らはもうこの先長く仕事を続けるわけじゃないんだし、最後になにかやろうよ」と(笑)
それで、「じゃあYouTubeをやりましょう」となったんです。
YouTubeは知っていたし、とりあえずやってみよう、と始めた感じです。
今は、色々と勉強しながら試行錯誤しつつ撮っています。
料理人になろうと思ったきっかけは何でしょうか。
倉本菜生
倉本菜生
「憧れ」からです。
小学生の時に食べに行ったお店の大将が格好良く見えて、料理人に憧れを持つようになりました。
小学生の頃の夢を叶えたなんて凄いですね!
倉本菜生
倉本菜生
そんなことないです。ハードルの低い夢だったので(笑)
いやいや。
倉本菜生
倉本菜生
料理人って、なるのは誰でもなれるんです。でも、なってからがしんどかった。
誰でもなれるけど、続けるのがしんどい世界ですね。
何が「しんどい」と感じましたか?
倉本菜生
倉本菜生
言っていいのか分からないけど……1日16時間も働かされたことですね(笑)
夜中の2時に仕事が終わって、寝る間もなく朝方5時からまた仕事って生活でした。
休みもほとんどなく、最初の頃は月3回だけ。忙しい時期は月1回あるかどうか。
殴られたりもしたし、今ならパワハラ、労働基準法違反で問題になりますね(笑)
でも、当時はそれが当たり前と思っていたんですよ。
「労基違反だ!」と大将に言おうものなら、「お前らは労働じゃなくて修行。お金をもらって勉強させてもらってるんだ!」と返されたと思います(笑)
辞めてやろうと思ったことは無かったんですか?
倉本菜生
倉本菜生

無かったですね。
子供の頃から「これで生きていく!」と思っていましたから。
将来の選択肢が料理人一択だったので、辞めてしまおうと思ったことは一度も無かったです。
一応、10年ずっと休みなしで……というわけでもなく、「労働基準法」や「ブラック企業」が社会問題になってきたので、徐々に緩くはなっていましたよ。

 

ただ、勤め人のままでは給料も安いし、満足いく生活はできないので、独立を目指すようになりました。
20歳から30歳まで10年働き、30歳になって自分のお店を持ちました。
今は起業や独立を目指す若い人が増えているみたいですが、若いうちからそういった目標を持つのは良いことだと思います。

競合の飲食店が多数あるなかで、一平さんがこだわり続けているものは何でしょうか。
倉本菜生
倉本菜生
こだわっているというか、自然に意識していることはあります。
美味しいものを作るのは当たり前なので、「その人に合わせた料理」を作るように心がけています。
その人に合わせた料理とは?
倉本菜生
倉本菜生
お客さんが食べたい物を作る、ですね。
僕ね、こだわりが無いんですよ。こだわりが無いのがこだわり(笑)
プライドも無いので、「こうじゃなきゃいけない」って考えを持っていないんです。
だから、ウチは和食のお店だけど、お客さんが食べたいならカレーだろうとグラタンだろうと作ります。
お客さんのニーズはどうやって探るんですか?
倉本菜生
倉本菜生
ウチのお店は常連さんがほとんどなので、コミュニケーションから汲み取っています。
接していると、「こういうのが好きなのかな」とか「こういうのは苦手なのかな」とか、なんとなくわかる。
「人の心を読む能力がある」と周りには言っています(笑)
YouTubeを通して、視聴者に一番伝えたいことは何でしょうか。
倉本菜生
倉本菜生
和食のきれいさ、繊細さですね。
今回はすごく綺麗に撮ってもらっているから、食材の鮮度の良さなどがすごく伝わると思います。

撮影隊ディレクター

撮影隊ディレクターAさん(匿名希望・70代)
映像制作会社代表。数々のTV番組や映像作品、短編映画などを担当。

 

本職が映像制作とまさに「プロ」ですが、YouTube動画とTV映像で撮り方の違いなど意識している部分はありますか?
倉本菜生
倉本菜生

普段の仕事は自分が監督だから「自分の個性」を出しているけど、今回は「プロデューサーである浅井さんの個性」を大事にしているね。「こうしたほうがいいんじゃないか」とアドバイスはするけど、それをどう判断するかは浅井さん次第。

 

YouTubeだからTVだからと撮り方に違いは無くて、撮るもののテーマ毎に「どう撮るか」を考えているよ。例えば同じ料理でも、和食には和食の撮り方があって、イタリアンにはイタリアンの撮り方があるからね。

 

YouTubeの動画を作るんだ!って意識はしていないかな。TV映像の制作をしている時と同じ感覚でやっているね。

普段お仕事でされている事を、YouTube動画作成にそのまま活かしている感じでしょうか。
倉本菜生
倉本菜生
そうだね。YouTubeを意識するなら、僕らみたいに「はい、カット!」ってやり方じゃなくて、ずっとカメラを回しっぱなしのほうがいいんじゃない?
撮影する上で大変なことは何でしょうか。
倉本菜生
倉本菜生
大変と感じることはないけど、「手間ひまをかける、省かない」は徹底しているよ。
一平さんが手間ひまかけて料理を作ってくれているから、撮影隊の僕らも最初からきちっと画面に収める。
京料理は西洋料理と比べると、すごく手間ひまがかかる。例えば、食材などを洗ったり、包丁などを片付けたり。尺が長くなっても、そういった細やかな作業まできちんと映す。省かない。そういうことは意識しているね。

約6時間におよぶ撮影…そして完成した動画がこちら!

午前9時前から集合、準備、撮影をし、撤収完了したのは午後15時。
撮影の最後は一平さんの解説コメント取り。

「どんな感じで喋ればいいのかなぁ……こういうの慣れてないから恥ずかしいな」と照れながら解説をする一平さん。
一言ずつゆっくり喋る一平さんの解説は分かりやすく、とても勉強になります。

この日はお手伝いとして一平さんの息子さんも同席。「お父さんがYouTuber活動しているのを、どう思いますか?」と尋ねてみると、「すごいなって思う。頑張ってるなって」と応援のまなざしを向けていました。

そして完成した動画はこちら!
今回撮影に密着した動画は、英語版・日本語版・総集編と数種類アップされています。

プロのこだわりが細部に見えた今回の密着取材、筆者にとっても貴重な体験となりました。
後日談や取材裏話をナナミルnoteに投稿予定なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

<ナナミルnote>
https://note.com/nanamiru