仕事辞めてもなんとかなる件。無理して続ける必要なし!【実体験】

悩み

 

「仕事辞めたいけど、辞めたら生きていけないかも」

と本気でずっと心配していました。

 

こんにちは。うさたそです。

 

今は起業をして過ごしている私ですが、元々は普通に会社員でした。

しかし、ひとつの会社で長く勤めていたわけでもなく何度も会社を辞めて転職をしています。

 

仕事が合わずに「辞めたい」と思う気持ち、
そしてその裏腹に「仕事を辞めたら生きていけないかも」「周りになんて言われるかわからない」と思う気持ち。

会社を辞めるまでになかなか決断できず苦しんでいました。

 

そんな私だから声を大にしていえます。

 

うさたそ
うさたそ
仕事を辞めてもなんとかなるよ!!

仕事を辞めてもなんとかなる。本当に。

私は転職を3回、元の会社への出戻りを1回しています。

転職をしても仕事は2年以上続きません。

 

うさたそ
うさたそ
社会不適合者と呼ばないで……(笑)

 

私は大学に入って、18歳から色々な仕事をしてきました。

 

 

~大学生時代~

18歳:メイドカフェ・バーでの勤務

19歳:ライブハウス副店長

~社会人~

23歳:保育士

24歳:財務コンサル会社

26歳:フリーランスにて独立

27歳:元の会社へ出戻り。
グループ会社の技能実習取り扱い協同組合へ転職

28歳:起業

 

 

という感じで、前職に関係ないような仕事ばかり。

とにかく、その時気になったものに飛びついてきました。

 

学校や転職会社でよく言われる”経歴書が汚れた”働き方です。

しかし、その経験が今の自分を作っていると思っているので何の後悔もありません。

 

経歴書が汚れた」とは

転職をたくさんして、経歴書の”履歴・経歴欄”がたくさん埋まることを比喩的に表現するときに使われます。

会社を辞めても楽勝元々思っていたわけではない

とはいえ、私も元々「仕事なんてどうにかなる!楽勝~!」と思っていたわけではありません。

厳しい家庭で育ってきた私には、『ひとつの会社に属して働く』ことができないのはとても罪深いと認識していました。

親や祖父母からも仕事をやめるたびに、色々なことを言われていたのもあり一回目の仕事をやめたときには罪悪感でいっぱい。

 

どうしてこんなに何も出来ないんだろう、私は社会不適合者なのかも

と何度も落ち込んでいました。

 

しかし、ある日思ったんです。

 

うさたそ
うさたそ
あれ?私の人生じゃない?このまま働いて不幸せでいるのが本当にいいことなの?

 

親が、世間の目が、周りが。

そんな価値観は今考えるとどうでも良いことでした。

仕事を辞めてもなんとかなった理由

仕事を何度か辞めて「仕事を無理に続けなくても生きていける」と改めて感じたのには理由があります。

一つずつ解説していきます。

失業保険がもらえる

失業保険は、会社をやめたり会社が倒産したり、失業した場合に安定した生活を送り、再就職するための支援として給付される保険。

元々働いていた会社から払わられていた月給の6~7割程度が支給額となります。

 

手続きのためにハローワークに通わなくてはならないので少し面倒くさいですが、会社に勤めていなくてもお金が入ってくるのはありがたいですよね。

 

前職で嫌な思いやつらい思いをしていたら、次の就職まで気持ちも乗らないはず。

そんなときは、失業保険をもらって少しの間ゆっくりしちゃいましょう!

職業訓練校に行く

職業訓練校とは、失業中の人が再就職するための公共職業訓練を行う施設のこと。

求職者は公共職業訓練の主対象であり、条件を満たせば失業手当の受給期間延長や交通費などの援助をうけることができます。

 

うさたそ
うさたそ
学びながら、お金を受け取ることができる夢みたいな制度です(笑)

 

無料ですが、しっかり就職できるスキルまでのことを学ぶことができます。

プログラミングやデザイナーなど、興味があるけど学ぶ機会がなかったことに取り組む人も多いようですよ。

 

自分がやりたい、興味があると思っていることがあるのであれば職業訓練校も視野に入れてみましょう!

色々な働き方を試せる

働くといえば正社員でバリバリ頑張る……というイメージを持っている人もいるかも知れません。

しかし、アルバイトやフリーランスなど正社員以外の働き方はたくさんあります。

 

正社員のほうが安定している!と思う人もいるでしょう。

ただ、「働いているのが辛い」と思いながら何十年もひとつの会社で勤め続けることが本当にできるでしょうか?

「つらい、やめたい」と思って辞めることの中に、安定は入っているのでしょうか?

 

今の時代、終身雇用を保証してくれている会社も少なくなっています。

その上、会社に行くことがつらいのであれば尚のこと”安定”しているとは言えないでしょう。

自分自身が長く楽しく働けるのが一番良いのです。

転職がしやすい時代

親の世代や、一昔前は「転職をする」と言えば一大イベントでした。

しかし、今の時代は転職サイトを使うことで転職先サイトを使うことも簡単に。

面接の日程も、転職エージェントサイトを使えば自分の希望通りに行いやすくなります。

 

転職をすることで、むしろ今よりも良い条件・良い待遇で仕事ができるかも知れません。

 

何の準備もせずに会社を辞めることで焦りを感じてしまう人には”在職中”に仕事先を見つけるのがおすすめ。

転職エージェントサイトを利用することで、自分で動かなくても自分の適した仕事を探し出してくれることができます。

 

私は、日本最大級の求人数を掲載されているdodaを利用しました。

非公開求人を含む約10万件の求人から自分に合った求人を紹介してくれますよ!

 

▼登録はこちらからできます

 

うさたそ
うさたそ
私自身だけではなく、私の周りで好条件の転職を成功させている人の多くがdodaを使っているので個人的に信頼してます(笑)

 

 

楽に生きよう。仕事が人生のすべてではないのだから

仕事を辞めたいと感じても、なかなか踏み出せないのは仕方のないことです。

でも、いつまでも「つらい、しんどい」と思いながら今の仕事を続けていても自分の人生が最高になることはありません。

最悪の場合、働くこと自体がトラウマになってしまう可能性もあります。

 

そうなる前に、楽観的に考えて過ごしてみましょう。

実際辞めてみたら「こんなもんか」と思えるはず。

 

心身ともに疲れて病気になってしまう前に、”楽になる働き方”に出会えるといいですね。

 

ではでは!