人嫌いでも仕事を楽しく!適職の見つけ方とおすすめの仕事6選

転職・仕事選び

 

「人と過ごすとつらい、ストレスが溜まる。それでも生きていくためには仕事をしなくちゃ…」

と、毎日つらい思いをしている人もいるのではないでしょうか。

 

人嫌いだと、毎日会社の人に会うだけでもストレスに感じてしまいますよね。

 

もちろん、生きていく上では働く必要があることは多いです。

しかし、今の仕事を続けなければいけないわけではありません。

 

今回は、人間嫌いの方でも「適職を見つければ働きやすくなるよ!」という話をさせていただこうと思います。

おすすめの仕事などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

人が嫌いなのはあなたが悪いわけじゃない

人は、生まれた瞬間から人嫌いになわけではないですよね。

成長とともに色々な人に会う中で、悲しい思いをしたりつらい思いをすることで人が苦手になってきただけです。

決して、あなたが悪いわけではありません。

本当は、周りの人と円滑にコミュニケーションを取りたいと思う場面もあるでしょう。

しかし、今は過去につらい思いをしたことでコミュニケーションを取ることにストレスを感じるようになっているような状態。

そんな心の状態で、無理をして人嫌いを治す必要のはまた自分自身にストレスを掛けてしまうだけです。

 

「人嫌いだから悪い」わけではなく、ただ今の仕事が自分に合っていないだけだと割り切って考えておきましょう。

なぜ?人間嫌いになる原因

自分自身の特徴だとしても、人嫌いを改善したい!克服したい!と考えている人も少なくありません。

改善・克服するためにはまずは原因を理解しておくことが大切です。

 

人嫌いになる原因は主に4つあります。

ひとつずつ見ていきましょう。

過去にいじめやパワハラを受けた

学校や職場で、いじめやパワハラ・セクハラなどを受けることにより人嫌いになることがあります。

理不尽に、人から嫌な仕打ちを受け続けていると「人は嫌な生き物だ」と人間不信になってしまうのも仕方のないことでしょう。

 

一度受けたいじめやパワハラを忘れることはできません。

やった側の人たちにとっては「過去のこと」だとしても、受けた側には一生残る傷となってしまうのです。

友人や信頼していた人にに騙された経験がある

・自分が心を許していた友人に悪口を言われていた

・信頼していた恋人が浮気をしていた

 

など、自分が信頼していた人にだまされたときに、人間不信になってしまうことも。

なみ
なみ
「信じても裏切られるだけだ」と傷つきたくない気持ちから、誰も信じることができなくなってしまいますよね。

どれだけ人と親しくなったとしても、「いずれ裏切られる」と親密になることを心が拒否している状態です。

 

そのため、浅い付き合いの人が増えてしまい、どれだけ友達が多くても孤独を感じるように。

「裏切られるくらいなら、ひとりでいよう」と自ら孤独を選ぶ人も少なくありません。

人から認められず、やる気を失っている

人は、相手に対して何かをしたときに「感謝の言葉」を受けると承認欲求が満たされます。

しかし”ありがた迷惑”のような扱いを受けたり、感謝の言葉をもらえなかったりする経験が続くと、多くの人は「人のために何かをしても損だ」と感じてしまうでしょう。

 

次第に、人に対して感謝をできない人に”不信感”を感じるようになってしまいます。

他人と比べてしまう

SNSの影響で「周りの人がどのような生活をしているか」知ることができると、錯覚する人が増えています。

なみ
なみ
SNSは”生活の中の良い部分”を発信する場のため、本来の姿ではないはずなんだけどね……

しかし、自分の生活がつまらないと感じているときにキラキラしたSNS投稿を見ていると「なんで私は」と比べて悲しくなってしまうでしょう。

 

最終的には人のことを知ると、人と比べて疲れてしまうことから人が嫌いになってしまいます。

人嫌いでも仕事ができる3つの理由

人嫌いでできるだけ人と会いたくない人にとって、仕事をするのはとてもしんどいことでしょう。

しかし、近年は人嫌いの人でも働ける環境が増えてきています。

その理由は、仕事環境が近年大きく変化しているからです。

インターネットを使って仕事ができるようになった

インターネットとパソコンがあればできる仕事がどんどん増えているため、人と関わらずとも働くことができます。

一昔前までは、「職場に出向いていろんな人と顔を突き合わせながら仕事をする」のが当たり前でした。

 

しかし現在ではコロナウイルスの影響なども後押しし、テレワークや在宅ワークなど遠隔で仕事ができるために職場に行く必要がありません。

インターネットが普及したことにより、パソコン1台でどこでも仕事ができるようになったのです。

なみ
なみ
ありがたい時代になったよね……

働き方の多様性を国も推進している

働き方改革など、現在日本で働き方について「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」を推進しています。

”仕事のために生きる”のではなく”生きるために仕事をする”という認識が広がりつつあるといえるでしょう。

 

そのため時短勤務や在宅ワーク・フレックスタイム制度の導入など、働き方や働く場所が自由になってきているのです。

仕事の種類が増えた

過去には、仕事として成り立たなかったものも、現代は仕事となるものが増えてきました。

例えば、YouTuberを見てみましょう。

 

ゲーム実況や、趣味や特技の発信など多くのことを発信されていますよね。

昔はゲームをしてお金を稼ぐことができる人はほんの一部でした。

しかし、このように今は「自分の好きなこと」を仕事にできるようになってきています。

 

仕事の種類が増え、選択肢の幅が広がっているといえるでしょう。

なみ
なみ
いろんな働き方ができる世の中になって嬉しい!

人嫌いな人の仕事選びのポイントは?

では、人嫌いな人は、どういったポイントに注意して仕事を選ぶのがよいのでしょうか。

仕事選びのポイントは2つあります。

在宅の仕事

在宅でできる仕事は、人との関わりが少ないためおすすめの働き方のひとつ。

 

プログラマー・WEBデザイナー・動画クリエイターなど、のIT関係だけではなく、ネットショップやオンライン秘書など今は様々な仕事があります。

 

在宅勤務をしたいと考える人は、在宅勤務・テレワーク専門の求人サイトリワークスを利用すれば在宅勤務のできる会社探しが楽ですよ。


フルリモートワークでフルタイム勤務を目指すなら。リワークス

 コミュニケーションのあまりない仕事

人嫌いな人は、他人と密にコミュニケーションをとることは苦痛です。

ストレスを感じずに仕事をするのであれば、コミュニケーションを重要視しないような仕事がおすすめ。

 

農業などの仕事や、清掃員・新聞配達、そして今人気のUbereatsなどのデリバリーの仕事も人とのコミュニケーションが最低限で良い仕事です。

人間が嫌いな人におすすめの仕事10選

最後に、どのような仕事があるのかポイントに注意しながら詳しく見ていきましょう。

在宅の仕事

データ入力

指示された内容に沿って、数字やテキストの入力を行うデータ入力。

基本的にはやるべきことが決まっており、多くのコミュニケーションを必要としません。

 

コツコツ作業するのが得意な人にとっておすすめのお仕事です。

プログラマー

プログラマーは、WEBサービスやアプリ開発を行う職種です。 

 

言語を使って黙々と作業をする仕事のため、人との関わりはあまりありません。

プログラマーは正社員としてもフリーランスとしても大変需要のある仕事であるため安定して働ける職種であるといえるでしょう。

 

しかし、初心者が簡単に覚えることができるスキルではないため勉強する期間が必要です。

オンラインのプログラミングスクールなどを利用して、スキルを取得しましょう!



WEBデザイナー

Webデザイナーは、WEBサイトのデザインなどを行う職種です。

Webデザイナーは、HTML/CSSなどの初歩的なWEB知識と、Illustratorやフォトショップなどを使うことができればできるお仕事。

プログラマーよりも、デザイン要素が必要になりますが在宅でも働くことができるため女性にも人気です。

WEBデザイナーもオンラインスクールで学ぶことができますよ!

動画クリエイター

動画クリエイターとは、YouTubeやTikTokなどの動画作成や、広告・PR動画なども編集する職種。

近年は動画の需要が高まっており、動画の編集に対する仕事依頼も格段に増えました。

なみ
なみ
実は、YouTuberも動画の編集を外注していることがよくあるんですよ。

 

無料で動画編集をできるソフトなどもありますので、まずは自分の向き不向きを知るために簡単な動画作りをやってみてもいいかもしれませんね。

コミュニケーションのあまりない仕事

農家

農家は、植物・自然を相手にする仕事で人間関係の仕事は少ないといえるでしょう。

農作物を育てる農家。自然を相手にする仕事なので、人間関係のストレスは少ないでしょう。

 

天気などに左右されるため、売上が安定しにくいと言われていますが年収1,000万円を稼ぐ農家さんもいるようですよ。

清掃員

ホテルの清掃員などの仕事も、人とのコミュニケーションはあまり必要ありません。

職場の人との最低限のコミュニケーションは必要になる場合もありますが、他の職種に比べて話す回数は少なくなります。

夜間であれば、なおのこと人と話す機会は少なくなるでしょう。

 

なみ
なみ
基本的には誰かにじっと見られているような仕事でもありませんので、自分のペースで仕事ができるのも魅力ですね。

デリバリー配達員

Ubereatsなどのデリバリーの仕事もコミュニケーションが少ないため魅力的な仕事。

受け取りの際や、受け渡しの際に人とは会いますが「受け取りに来ました」「配達に来ました」ということ以外のコミュニケーションは必要ありません。

 

また、頑張れば頑張るほど売上になります。

なみ
なみ
今では月収30万円以上を稼ぐ人もいるようですよ。

まとめ

人から傷つけられた経験などで人嫌いになってしまったのであれば、そんな自分自身を責めてしまうかもしれません。

しかし、人嫌いになってしまったことはあなたが悪いわけではないもです。

 

仕事ができずに自分を責めている人は、まずはできることから始めましょう。

いきなり人がたくさんいるような仕事をすると、ストレスがかかりより人間関係が苦手になってしまう恐れがありますので自分のペースで頑張るようにしてくださいね。

 

なみ
なみ
ゆるく楽しく働こう!

それでは!