ストレスの少ない仕事は?ストレスフリーな仕事を選ぶ転職のコツ

転職・仕事選び

 

「毎日仕事でストレスが溜まる……」
「仕事を続けるのがつらい……」

毎日つらい中働いていると、ストレスの少ない仕事につきたい!と思うこともありますよね。

「自分らしく働ける会社があればいいのに」と考えてしまうのではないでしょうか。

 

そこで、今回はストレスフリーに働くことのできる会社の選び方や職種についてご紹介します!

詳しい条件や、転職のコツなどもご紹介しておりますので「今の仕事がストレスでつらい」と考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ストレスの感じ方はそれぞれの人によって異なる

一言にストレスがないといっても、ストレスが少ないという感じ方は人によって異なります。

たとえば、1人で仕事をするのが好きな人にとっては在宅勤務が”ストレスの少ない状態”です。

しかし、反対に人と協力をしながら好きな人にとっては在宅勤務は”ストレスの大きい”働き方でしょう。

このように、”ストレスの少ない”働き方の正解はありません。

自己分析をし、自分がどんな働き方をすることでストレスを感じるのかを知っておく重要なのです。

ストレスのない仕事を選ぶコツ

ひとりひとりにとって仕事のストレスが違うことは分かりましたね。

では、続いて実際に仕事を選ぶときのコツについてご説明していきます。

自分がどんな働き方にストレスを感じるのかを見直す

ストレスのない仕事を選びをするためには、先述したとおり”自分がどんな働き方をすることでストレスを感じるか”を把握しておきましょう。

まずは、今まで自分がしてきた仕事・環境を振り返りストレスを感じたタイミングを書き出してみてください。

「細かい作業をしているときにストレスを感じた」
「すぐに喋りかけてくる人がいてストレスを感じた」

など、とにかく仕事をしていてつらく思うことはすべて書き出しておくのがポイント。

 

自分で上手く自己分析が難しい人は、ストレスチェックをしてみるのもおすすめです。

無料でできるものだと、厚生労働省が出している厚生労働省版ストレスチェック実施プログラムを試してみてください。 

 

自分がストレスを感じたことを把握することが、自分にとってストレスのない働き方をする何よりも近道ですよ! 

働き方以外のストレスがあるのかも考えておく

仕事を選ぶのであれば働き方以外にも、大切にしなくてはいけないことがあります。

それは、働くときの条件です。

 

例えば給料。

どれだけ仕事が楽しくても、給料が低いといずれストレスの原因になるかもしれません。

他にも、通勤時間や仕事の拘束時間などもストレスになる原因ですね。

 

すべてを叶えることは難しいかもしれませんが、自分が条件の中で何を一番重要視しているのかは理解しておきましょう。

ストレスの少ない働き方の条件

続いて、ストレスの少ない働き方の主な条件をご紹介していきます。

もちろん人によってストレスの感じ方は違いますが多くの人がストレスを感じやすいことは主に3つです。

人間関係が良好である

職場環境における、ストレスを大きく左右するのが人間関係です。

上司との関係だけではなく、同僚や取引先など働く上で人間関係は必要になります。

そのため、社内の雰囲気がギスギスしていたり、上司との関係が上手くいっていなかったりすると、大きなストレスに。

反対に、人間関係がうまくいっていると「仕事が楽しい」「会社が楽しい」と感じる人も多いです。

 

転職するときに、社内の人間関係をはじめから分かるわけではありませんが、離職率などは確認しておきましょう。

求人が頻繁に出ていたり、離職率が高い会社はそれだけ人が辞めている可能性があります。

「求人サイトにずっと出ているな」
「沢山の求人サイトにずっと載っているな」

などといった場合は、人間関係にトラブルを抱えているかもしれませんので注意が必要です。

残業や休日出勤などが少ない

最近は、ライフワークバランス、といい私生活と仕事のバランスをとる働き方が大切だとされてします。

しかし、毎日残業や休日出勤などでプライベートな時間の確保が難しい企業も未だに存在します。

 

仕事に毎日長時間拘束をされていては、プライベートな時間や睡眠時間が確保できずストレスが溜まるのは当たり前。

バランスのよい働き方ができる環境で働かなければ、ストレスを少なくすることはできません。

 

求人情報には残業・休日出勤などの記載がありますが、実態はわかりません。

できれば面接時に面接官や先輩社員に質問をして確認をしましょう。 

毎日の通勤を負担なく続けられる

会社に通う場合、通勤時間や通勤方法も確認しておきましょう。

毎日満員電車に乗らなくてはならなかったり、片道1時間以上もかかって通勤するとなると当然大きなストレスを感じます。

 

通勤時間を有効活用する方法もありますが、それは毎日のストレスを減らす方法に直接的に繋がりません。 

自宅からの乗り換え回数・歩く時間などすべて面接時に確認し、負担の少ない距離の会社選びがおすすめです。

ストレスの少ないおすすめの仕事

さて、先程のコツや条件を踏まえた上でおすすめのお仕事を考えていきましょう。

ストレスの少ない仕事は、さまざまありますが

  • 体力面
  • 精神面

の2パターンで見ていきます。

~体力編~

体力的に少ないおすすめの仕事は

  • 外回りなどの作業がなく、室内で過ごすことができる
  • 夜勤・休日出勤などがない
  • 有給休暇を取りやすい

特徴があります。

この条件に当てはまるおすすめの職種は、6つあります。

事務職

事務職は、ノルマなどがなくプレッシャーも少ない業務が多いため、ストレスが少ない仕事です。

また、基本的なルーティンワークがある会社も多く、突然臨機応変に何かを頼まれることはあまりありません。

マニュアル化されており、先輩も仕事を教えやすいため人間関係もギスギスしにくいといえるでしょう。

 

経理や労務など、月初や月末が繁忙期になる業種も存在しますが、仕事に慣れ効率的に終わらせることができれば残業をしなくても仕事を終われるようになりますよ。

オンライン講師

今はオンライン英会話やプログラミングなどさまざまなオンライン授業がありますよね。

コロナウイルスの影響により、自宅で過ごす人が増えているためさらに需要が高まっているといえます。

そのため、オンライン講師も募集が増えているのです。

 

オンライン講師は、給料が1レッスン◯円といったような業務委託形式から、時給でのアルバイトまでさまざま。

正社員の募集は多くないためタイミングによりますが、自分らしく働ける人気の職業です。

 

自分の得意なスキルがあれば、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ビルメンテナンス(ビル管理)

ビルメンテナンスは、安定した業界といわれています。

身近なところで言えば、エレベーターの点検や高層ビルの窓拭きを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

 

毎日さまざまなところへ出向く必要はありますが、体力的にあまりきついものは少ないです。

また、ノルマなどもないためストレスが少ないといえるでしょう。

ドライバー

トラックの運転手・タクシーの運転手などの車を運転するお仕事は、基本的に一人だけの空間で働きます。

運転が好きな方にとっては、楽しみながら働ける職業といえるでしょう。

 

自分の好きなタイミングで休憩時間をとったり、自分のペースで働けるというのも魅力的ですね。

 

ただし、昼夜関係なく運転する必要がある働き方も存在しますので注意が必要。

自分の活動のしやすい時間帯で働けるかどうかは確認するようにしておいてくださいね。

図書館司書

本の貸し出しや返却手続きなど、書物整理などを行う図書館司書。

図書館自体が大きな声でお話することを禁じられているとおり、図書館司書も過度なコミュニケーションは必要ありません。

図書館によっては、整理する本がたくさんあったり、コミュニケーションが発生したりすることもありますが、基本的には静かに過ごすことのできる仕事です。

体力的・精神的にも負担の少ない仕事と言えるでしょう。

~精神編~

精神的ストレスの少ないおすすめの仕事は

  • 自分のペースで仕事を進めることができる
  • きつい営業ノルマがない
  • 社内でのムダな付き合いが無い

特徴があります。

この条件に当てはまるおすすめの職種は、5つあります。

警備員

警備員は、常に人と関わる仕事ではないため人間関係に悩む方におすすめのお仕事。

基本的には、「警備すること」がメインの仕事になるため、何か重大な出来事が起こらない限り重くなることはありません。

屋外や屋内など、職場によって環境はさまざま。

屋外の方が、よりコミュニケーションが必要ではなくなるため、ストレスなく働くことができるでしょう。

清掃員

家で家事や掃除をしていて苦にならないという方におすすめなのは、清掃員。

黙々と仕事に打ち込むことができます。

 

ホテルやビルなど求人の種類がたくさんあり、自分の得意な内容のものに応募することが可能です。

また、「一緒に働く人が年配の方の場合も多くとても可愛がってもらえる」なんて意見も。

人間関係に疲れた人にはとてもおすすめのお仕事です。

社内SE

SE(システムエンジニア)は、ITスキルがある人におすすめの職業。

自社システムの開発や運用を担う立場となります。

普通のSEとは違い、社内のSEを担当するため納期に追われることがほとんどありません。

システムエンジニアはブラックなイメージを持たれていますが、社内SEは比較的残業などの少ない業種となります。

 

しかし、もともと採用枠が少ない上に人気の職種になりますので、転職でのハードルは少し高くなります。

データ入力

顧客対応やノルマのストレスが少ないのがデータ入力です。

自分のペースで一人こつこつと仕事ができるので「こつこつ作業」が得意な人におすすめのお仕事。

 

決められた内容を正確に速く入力していく必要がありますが、パソコン操作がもともと得意な人であれば効率よく仕事を進めることができるでしょう。

 

データ入力は、正社員だけでなく副業やフリーランスとしても人気の働き方です。

作業が心配の場合は、まずはクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトで副業として試してみるのもおすすめですよ。

ライター

ライター業は黙々と一人で仕事をこなすことができるため、人間関係の悩みを感じることなく仕事ができる職業です。

雑誌やWEBメディアから、キャッチコピーの作成などさまざまなジャンルでの業務内容があります。 

 

職場によっては、細かく作業を分けられているような場合もありますが、基本的に納期を守れば自分のペースで仕事を進めることができるのも魅力。

 

データ入力と同様に、フリーランスや副業として業務委託を受けることができますので、まずはクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトで試してみましょう。

転職活動をするなら転職エージェントを利用しよう

ストレスのない仕事を見つけるためには、色々なことを考える必要があるな、と思った方も多いと思います。

離職率のチェックから、求人情報や会社のホームページのチェックなどさまざまなことを意識をしなくてはなりません。

その上で、自分の希望条件や優先順位にあった仕事を探すとなると大変ですよね。

 

そこでおすすめなのが転職エージェントです!

転職エージェントは、転職の希望者の悩みや不満・希望などを聞いて適職を見つけるお仕事。

今までたくさんの方の転職を見てきているため、知識も経験も豊富です。

 

転職エージェントに相談すれば、自分で仕事を探すよりも的確な仕事を提案してくれます。

自分にとって”ストレスの少ない”仕事について、たくさん相談しましょう。

なかでも『doda』は、普通の転職サイトで非公開になっている求人も多数ある転職エージェントです。

沢山のキャリアカウンセリングを実施しており、実績も豊富なのでまずは登録しておきましょう。

今すぐに転職する気がない人も、キャリアの方に相談するだけでも自分の考え方や悩みが晴れるのでぜひ活用してみてくださいね。

dodaへの登録はこちら

まとめ

自分にとって働きやすい仕事は色々です。

まずは自分が今の仕事のどういったところにストレスを感じているのかを、考えてみることから始めてみましょう。

自分らしく働ける会社を見つけて、楽しく仕事をすることがストレスを減らす一番の方法ですのでぜひ転職エージェントに相談しながら考えてみてくださいね。