「在宅勤務終わりたくないのに…」日常に戻ってしまう前のマインドセット

悩み

 

コロナウイルスの影響により、在宅勤務を取り入れている会社も少なくありません。

しかし、予想以上に長引いているコロナウイルスによる自粛ムード。

これ以上続けられないと通勤スタイルに戻し始めている会社も増えてきています。

 

在宅勤務の終わりを告げられて「快適だった生活が終わってしまう…」と落胆してしまう人もいるでしょう。

 

そこで今回は在宅勤務終了を告げられたときのために!

心の準備をし、入れ替える方法をご説明していきます。

 

突然の”在宅勤務終了”の連絡で絶望してしまう前に、ぜひ参考にしてみてください。

在宅勤務が終わってしまうときに意識したいポジティブ要素

通勤時間を”自分だけの時間”だと思う

家にいると、家族もいてひとりじっくり何かをする時間が取りづらかった人もいるでしょう。

そんな人達にとって、通勤時間は”自分だけの時間”になるとポジティブに捉えることができます。

 

通勤中になかなか読めなかった本を読んでみたり、なかなか学ぶことができなかったことに挑戦してみたり、有意義に過ごすことは可能です。

また、毎日の献立を通勤中に考えて帰りに買って帰ることで時短になることも。

 

家にこもっていたときにはやる気が出なかったことも、「どうせ通勤する時間だから」と有意義に過ごす方法を探すことでポジティブに感じることができるようになります。

人との会話を楽しむ

家にずっといたとき、仕事中にあまり会話がなく鬱々とした気持ちで過ごしていた人もいるかも知れません。

朝毎日起きるや通勤をすることは大変ですが、人と会うことができるのはオフィス通勤の利点。

仕事をしながら雑談をすることで、家にいるよりも仕事中楽しく過ごすことができます。

 

また、人との交流は仕事でのストレスを軽減する役割も。

嫌な上司や苦手な人との交流はストレスになりますが、同僚など”話していて楽しい人”と一緒に過ごすことは大切なことなのです。

家を仕事に侵食されない

在宅勤務の間は、家のいたるところが仕事場となっていた人も多いでしょう。

プライベートの空間の中にも”仕事”が見え隠れし、なかなか切り替えがしにくいのが在宅勤務。

まるで家の中を仕事に侵食されているような気持ちになってしまう人もいると思います。

 

その点、職場が別にあれば家の中に仕事を持ち込む必要がありません。

家は完全な”プライベート空間”であり、”休息の場”とすることができます。

ムダにお金がかからない

在宅勤務中は家の電気を使って仕事をしているため、電気代が上がってしまっている人も多いのではないでしょうか。

また、家では集中できないからとカフェで仕事をしている人もいますよね。

 

そういった経費を保証してくれない場合、働きながら”働くために自腹をきっている”状態になっています。

 

オフィス通勤の場合、こういった経費がかからないため節約に。

電気代・カフェ代など月々5,000円ほどの増加だったとしても、12ヶ月で60,000円だと思えばバカにできません。

気持ちを前向きにするために試してほしいこと

どれだけポジティブ要素を考えても、なかなか「在宅勤務終了」の悲しさが抜けない人も多いはず。

しかし、嘆いていても状況は変わりません。

 

ここからは、自分の気持ちを前向きにするために試してほしい2つのことをご紹介します。

できるだけ笑顔で過ごす

「楽しくないのに笑えるわけないだろ!」と思うかも知れませんが、とにかく小さな幸せにも大きく笑いましょう。

ご飯が美味しかった、朝早く起きることができた、仕事が早く終わった。どんなことでもかまいません。

小さなことでも喜び、笑顔でいることで自分の一日が楽しかったと思って過ごすことができるのです。

 

どうしても見つけることができない人は、意図的にその時間を作ってみてもいいですね。

 

「美味しいお菓子を食べる時間」「漫画を読む時間」など、自分にとって幸せな時間を毎日必ずつくることが大切です。

会社の良いところを思い出す

今の会社が嫌いではない場合、会社の良いところを思い出しましょう。

「給料が良いからもう少しここで頑張ろう」

「仕事内容が楽しいからもう少しここで頑張ろう」

といったように、自分自身を納得させて”頑張る理由”を見つけることで前向きに仕事をすることができます。

どうして在宅勤務から戻りたくないなら

「どうしても在宅勤務がしたい!在宅勤務以外の働き方には戻れない!」と感じる人は在宅勤務を取り入れている会社に転職を検討するのがよいでしょう。

 

つらい、嫌だと感じたまま今の仕事をしていても良い成果はでません。

自分自身の首をしめて、働くこと自体が嫌になってしまう可能性も。

 

働き方改革やコロナウイルスの影響が後押しし、在宅勤務を今後とも続けていくと決めた会社は増えてきています。

 

例えば、リワークスは在宅勤務企業の求人のみを扱っている特化求人サイトです。

実際に見てみるとたくさんの企業が載っているので、安心して自分の働きやすい企業を見つけることができますよ。

 

会員登録も1分もかからないので、登録して新しい求人を見逃さないようにしましょう!


完全在宅のお仕事に特化!フルリモートへの転職ならリワークス

まとめ

在宅勤務が続いていると「ずっとこのままの形態で働いていたい」と感じますよね。

しかし、9割の企業はコロナウイルスが収束すれば在宅勤務をやめると考えています。

 

今すぐは違っても、在宅勤務が終わる危機はいずれおとずれてしまうのです……!

 

いきなりの在宅勤務終了に落胆してしまわないように、少しずつ心のリハビリをしておきましょうね。

 

それでは!