田舎起業は最強!?メリットやデメリットから見るおすすめの業種

起業・副業

 

さまざまな起業の方法がある中で、最近注目が集まっているのは”田舎起業”。

「都会の雰囲気に疲れた人が、田舎に住んで起業を始めた」なんて話もよくテレビでやっていますよね。

 

ではどうして”田舎起業”がこれだけ注目を集めているのでしょうか?

それは、”起業家”にとって田舎起業にはさまざまなメリットがあるからなのです。

今回は、そんな田舎起業のメリットデメリットやおすすめの業種をご紹介します。

「田舎起業って実際どうなんだろう?」と気になる方に少しでも参考になれば幸いです。

田舎起業のメリット・デメリット

まずは田舎で起業することのメリット・デメリットを見ていきましょう。

田舎起業のメリット

開業費用が比較的安い

田舎は、土地や不動産にかかる金額が都会より安い傾向があります。

そのため、店舗や事務所を構えて行わなければいけない事業の場合、開業資金を節約できる可能性が高いです。

 

「まずはリスクを低く事業を始めたい」方にとって、規模の大きさを変えずに初期費用を節約できるのがメリット。

 

過疎化に悩んでいる地域は、新事業者を迎え入れるプロジェクトや空き家対策のプロジェクトとして無料で空き家を貸してくれる場合もありますよ。

固定費も安く済ませることができる

安くなるのは、開業資金だけではなく固定費用も同様です。

店舗や事務所を構えていると、家賃や人件費など毎月かかるお金がありますよね。

売上と関係なく抱えている限り必ず必要となるのが固定費。

 

田舎では、家賃はもちろんのこと人件費も都会よりはお金がかかりません。

田舎と都会では、最低賃金がそもそも違います。

同じ「20万円」で働くとしても、働き手にとっての価値は変わってきますよね。

 

固定費を下げることができれば、会社のリスクも大きく減らすことができるのです。

都会に比べてライバルが少ない

田舎は、首都圏と違い”競合他社が少ない”というメリットがあります。

もちろん事業内容によりますが、田舎の人たちにとって必要なものであれば独占状態になることも想定できるでしょう。

 

首都圏と違い、田舎の人たちはその不便さから”ほしいサービスが手に入らない”こともよくあります。

そのため、必要とされるサービスを発信することで人々から求められる店舗・事業となることも夢ではないのです。

口コミが広がりやすい

田舎は、人と人との関わりも都会に比べて密接的。

そのため、都会で店舗を立ち上げたときとは違いサービスが口コミで広がりやすいのです。

 

例えば、井戸端会議を想像してもらえれば分かりやすいでしょう。

「あそこにこんな店できたんだって」と近所の人たちで話していれば、またたく間に色々な人にお店の情報は広がりますよね。

新しい店舗が開店すること自体めずらしいような地域では、その拡散力は馬鹿にできません。

地域の人と密な関係になることは田舎起業で重要なことなのです。

補助金や助成金がおりやすい

田舎は、地方移住してもらおうとさまざまな手をうっています。

そのひとつが、補助金や助成金です。

 

例えば起業支援金として200万円を受け取ることが出来たり、移住支援金として100万円を受け取ることもできます。

※詳しくは内閣官房・内閣府の総合サイト地方創生にて掲載。

 

このように、田舎起業はお得な制度が色々あるのです。

田舎起業のデメリット

そもそもの人口が少ない

田舎で起業する場合、もともとの人口が少ないため集客面で苦労することがあります。

たくさん売らなくては利益がでない商品などは、田舎だと売れる数に上限があるため厳しいでしょう。

 

田舎での人口や多い年齢層などを調査した上で、自分のサービスがどれくらいの人に求められているのかを調査しておくことが重要です。

移動に時間とお金がかかる

地域によっては、建物が密集しているような地域が少なく移動に車やバイクなどが必要になることがあります。

そうなれば、ガソリン代や駐車場代などの維持費がかかってしまいますね。

また、タイム・イズ・マネーだと感じている人にとっては移動時間のロスが気になってしまうかもしれません。

どうしても移動にかかる時間やお金が気になる場合は、都会へのアクセスのしやすい場所や駅前が栄えている田舎などの”ほどよい”田舎を拠点にするのがおすすめです。

新しいものに対して警戒心が強い

田舎では、横のつながりが重要。

お店とお客さんの関係も都会よりも密接です。

そのため、新しいお店が出来たからといって今までのお店からすぐに乗り換えるようなことはありません。

今までの関係を大切にしているがゆえに、新しく入ってきたものを受け入れづらくいのです。

 

しかし、地域との交流を深めて周りから信頼してもらえる存在になればとても協力者になってくれるのも田舎の特徴。

地域との関係性は田舎起業で必ずキーポイントとなりますのでしっかり意識しておきましょう。

田舎起業でおすすめの業種は?

では、メリットやデメリットを踏まえた上でどのような業種で起業することが、田舎起業には向いているのでしょうか?

おすすめの業種は5つあります。

ひとつずつ見ていきましょう。

塾や教室

田舎では、大手予備校や学習塾があまりなくオンラインで授業を受けている人も少なくありません。

しかし、なかには、オンラインで授業を受けるのではなく直接通いたいと考えている人もいるので一定数集客の見込める事業です。

 

また、英会話スクールやパソコン教室など大人向けの”教室””スクール”も需要のある事業となりますのでおすすめです。

農業

「田舎で働く」と聞けば、イメージがしやすい農業。

実際に田舎起業として農業を始め、野菜などをブランド化して儲けている人もいます。

 

家庭菜園とは違い、しっかりとした知識やノウハウが必要になり、自然災害に左右されるデメリットですが田舎でしかできない職業として人気も高いです。

その土地で元々農業をしている人たちから色々教えてもらうことができるので、田舎は農業をするにはおすすめの場所です。

IT関連

プログラマー・エンジニアなどIT関連のお仕事は、インターネット海鮮さえあれば基本的に場所を問いません。

そのため、安く広く住めてのどかな場所で仕事をできる田舎起業は向いているといえます。

 

注意点として、場所によっては回線が繋がりにくい場合があること。

田舎起業をする前には、必ずその土地にインターネットが通るのかを確認しておく必要があるでしょう。

ネットショップ

amazon,楽天,メルカリなどを使ったネットショップもオンラインでできる事業となるため場所を問いません。

ネットショップは商品在庫を抱えるケースが多く、家の中に荷物がいっぱいになります。

しかし、田舎で大きな家を借りることができれば荷物の置き場所に困ることもないので安心。

新たに、部屋を一つ借りる必要がないのです。

 

もし、商品の仕入れて売るリスクが怖いと感じる人はイラストやハンドメイド作品でも商品販売が可能ですよ。

飲食店

飲食店は、田舎起業のなかで一番地域との関係性が必要になる事業。

食はいつでも人の関心を集めることができるため、口コミなどが広まりやすい傾向にあります。

田舎での特産品などを使用した飲食店を開業することで、住民の人たちにとっても”特別な場所”になることができるかもしれません。

多くの人に愛される飲食店経営を目指すことで、多くの人から愛される店舗となりえる可能性を秘めているのです。

田舎起業で成功するために必要な3つのこと

せっかく「田舎起業をしよう!」と発起するからには成功をさせたいですよね。

実際にどのようなことが成功のために必要になってくるのでしょうか?

 

田舎起業で準備が必要なのは3つのことです。

ITに関する知識を身につけておく

田舎で起業をする場合、IT関連を身につけておくことは集客面でかなり強みとなります。

オンラインストアやテイクアウト事業など、田舎外の人からも指示を集めることで集客層をより広げることができるのです。

特にコロナウイルスの影響により、今はオンライン事業が必須になってきています。

今のうちにスキルを身につけて、集客の幅を広げておきましょう。

人脈や横のつながりを大切にする

田舎で周りからの指示を得るために必要なのは、人間関係の構築です。

地域住民の方との関係を大切にすることは、田舎起業をする限り無視することができません。

先述しましたが、地域の方々は新しく入ってきたものに対してまずは警戒心を持っています。

信頼関係を築き、多くの人に”あなた”という人柄を信頼してもらうことができてはじめて、サービスを認めてくれるのです。

 

積極的に地域での集まりに参加をする、ボランティア・コミュニティ活動に必ず参加する、など自ら”地域の輪”に溶け込もうとする姿勢を忘れないでおきましょう。

起業予定地域のことをしっかり理解する

一言で”田舎”といっても、当然ですが地域によって必要とされているものは違います。

そのため、まずは自分の起業したいと考えている事業が行きたい田舎にとってどれだけ需要があるのか確認しておきましょう。

実際に田舎に行ってみて、同業他社はいるのかなどもしっかり調査が必要です。

また住民の方の年齢層や男女比なども確認し、おおまかな集客の目安などを立てた上で金額設定なども行わなければなりません。

地域のニーズを満たしてこそ、成功するのが”田舎起業”です。

まとめ

田舎起業は、魅力がいっぱいあります。

しかし、もちろんすべての人におすすめできる起業の方法ではありません。

自分のやりたいと考えている事業は、田舎で起業をしたほうがメリットなのかどうかをしっかり検討しましょう。

色々な田舎に足を運んで、自分の目で現状を見ることも大切ですよ。

 

あなたが、自分の夢を叶えることができる最適な場所が見つかりますように!

それでは!