バンドマン向け!副業アーティストの紹介

ビジネス・副業

みなさん

副業されてますか?
そんなことよりバンドやろうぜ。

どうもしゅがです。

政府が副業を推進して以来、空前の副業ブームですね。
参考:厚生労働省、副業・兼業の促進に関するガイドライン

様々な副業がありますよね。

投資、ブログ、転売、WEBを使ったサービスやスキルのマネタイズ、本業の闇営業……。

副業=お金

というイメージが強いでしょうが、そうではない副業の側面を今回は考えていきたいと思います。

私は10代の頃からバンドで成功することを夢見てきましたが、就職を機に足を洗ってしまいました。

その選択に後悔はなかったのかと常々考えていたのですが、最近では「もしかしたら間違った選択をしてしまったかも……?」と思うようになりました。

本業や会社員をやりながらでも、やりたいことはやるライフスタイルを、実現されいてるバンドを交えてご紹介いたします。

TOE

FUJI ROCKなど様々なフェスの常連でもあり、海外ツアーも積極的に行い、日本だけでなく海外での人気も高いバンド。

本業が別にあるとは思えないほど活発な音楽活動を行っております。

メンバーの本業

・山嵜廣和(ギター)
内装インテリア、店舗設計デザインなどを行う、株式会社メトロノームの代表。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みんなで擦りまくりのサンダー祭り。

YAMAZAKI HIROKAZU(@yamayamawo)がシェアした投稿 –

Instagramでは空間デザインの仕事の様子や、
山嵜さん自らが手掛けた料理、ご家族との写真を公開しており、
バンドだけではなく「カッコいい大人」の生き方、ライフスタイルを垣間見ることが出来ます。

・美濃隆章(ギター)
レコーディングエンジニア

「ゲスの極み乙女」や「ジェニーハイ」で活躍している川谷絵音のプロジェクトも担当。
レコーディングエンジニアとギタリストなどのプレイヤーは似て非なるものです。

ギターの本当にいい音を知っているギタリストだから、レコーディング作業にも活かせるというスキルの掛け合わせになります。

・山根敏史(ベース)
服飾デザイナー

クロックス日本支社創立に参画
セールスマネージャー、マーケティングマネージャー

クロックスの偉い人がFUJI ROCKに出演したり、ワールド・ツアーをしていることに違和感を覚えるでしょう。
しかし、SHOWROOMの前田氏なども今後は音楽活動をやっていきたいと発信しており、副業として音楽をやるビジネスマンは増えていくかもしれません。

・柏倉隆史(ドラム)
the HIATUSや木村カエラをはじめ、様々なバンドのサポートドラムを担当。

サポートドラムなので、本業と言えば本業。
個人的にスーパー好きなドラマーです。本当に神。
本業のスキルが高いと他の会社でも需要がある状態。

Spangle Call Lillie Line

1998年結成のポストロック系バンド。
5年振りにワンマンライブを行い、LIQUIDROOMを即完させてしまうほど根強い人気をもつバンド。「TK from 凛として時雨」とのツーマンも開催するなど、アーティストからの人気が高いのも特徴。

各所のインタビューでも「音楽は副業です」という発言をしており、まさに最強の社会人バンド。

メンバーの本業

・大坪加奈(ボーカル)

本業は公表されていませんがソロ・プロジェクト NINI TOUNUMAでも活動。

・藤枝憲(ギター)

グラフィックデザイナー、カフェ経営、デザイン事務所 Coa Graphics 代表。

インタビューでも「音楽は副業」、「本業が忙しいからライブは厳しい」など副業感満載の受け答えをされています。
音楽の他にもカフェ経営や雑貨屋さんを経営されるなどアクティブでバランス感覚のいい最高にカッコいいオトナの生き方ですね。

・笹原清明(ギター)

フォトグラファー

他アーティストのCDジャケットを手掛け、個展を開催するなどフォトグラファーとして活躍中。

作品は笹原さんのWEBサイトで見ることが出来ます。

しゅが
しゅが
オシャレすぎる……

元乃木坂の生駒ちゃんも撮ってたんだ。知らなかった。

社会人だからこそバンドやろうぜ

2組のアーティストに共通する点はシーンに流されない独特の世界観を構築していることです。

音楽でお金を稼ぐことが目的ではないから出来るのではないでしょうか?

お金は本業でしっかり稼いで、副業で本当に楽しい音楽・やりたい音楽をやる。この姿勢は専業のアーティストや作家よりも芸術に対して健全な状態なのではと私は考えます

音楽専業で食べている友人もいますが「音楽に疲れた」などと夢を叶えたはずの人間がしないような発言を多々しています()

サラリーマンだからやりたいことが出来ない、仕事が忙しいから夢を諦めたという方も多くいると思います。

例に漏れず、自分もそのような人間です。

週4日出勤やリモートワークなど時間に融通の効くような会社も増えてますし、副業が許可されている会社もあります。

フリーランスになって時間を作るという人生の選択肢もあると思います。

ライスワークとライフワークの両立が令和の世の中を楽しむ秘訣かもしれませんね。

音楽で副業

ココナラではレコーディング、作曲など音楽スキルを活かしたスキルの出品や、楽器のレッスンも出品できますので、音楽で稼ぎたい方にはオススメです。