『この世界の片隅に』から考える、令和の「今」の生き方