バンギャの私がネット掲示板で叩かれまくった理由

エンタメ・トレンド

皆さん、バンギャという言葉はご存じでしょうか?

バンギャとは、バンドギャルズの略称。ヴィジュアル系(以下、V系)の女性ファンを指す言葉です。

14歳でV系にハマり、バンギャ人生を突き進んだ私。
大学生の頃はゴスロリやパンク姿で通学していました。

倉本菜生
倉本菜生
私が歩くと周りが道を開けてくれるから快適だったよ!

 

バンギャ全盛期の頃は色々と黒歴史を生み出してきましたが、いちばん強烈なエピソードがあります。
何を隠そう、あの某大型掲示板で叩かれまくったのです。

 

常連スレが私の叩きで埋まった

分かる人には分かるあそこ

8~9年ほど前のお話。
私は某V系バンドのファンで、ライブやインストアイベント(以下、インスト)に半通~全通していました。
※半通……ツアー公演を半分ほど参加すること。全通……ツアー公演全部に参加すること。

そして某大型掲示板には、「〇〇(バンド名)常連スレ☆★」と名付けられたスレッドがあり、そこでは日夜、ファンによる常連叩きが行われていたわけですが……。

 

気付いた時には、常連スレが私の叩きで埋まっていました。

 

叩きの内容は?

大昔の話なので、具体的な叩きコメント(誹謗中傷コメント)は覚えていませんが……。

 

  1. 「存在と発言が痛い。目障り」
  2. 「メンバーに覚えられて調子に乗ってる」
  3. 「目立つから邪魔」

 

書き込み内容の8割がこのような内容でした。

残り2割は、事実無根のもの。
「アイツって風俗嬢だろ?」とまで言われていました。

当時キャバ嬢をやっていて、普通の学生よりも裕福だったので、お金を持っている=風俗嬢だ!と思われたのでしょう。

 

Twitterの発言が痛かった

当時のツイートを載せようと思ったものの、あまりのアレさに断念

当時はTwitterが流行りだした頃。
メディアリテラシーの「メ」の字も無かった私は、オープンアカウントで自撮りを載せて、痛いことを呟きまくっていました。

9割くらいが痛々しいバンドへの愛。それを全世界に向けて発信していたのです。

 

そして当時、男装喫茶のスタッフとしても働いていた私。
職場でのキャラが「中二病ナルシスト」だったので、ネットでの一人称も「俺」を貫いていました。

どう考えても痛い。痛すぎる。

 ※男装喫茶とは、女性スタッフが男装して接客するカフェ。メイド喫茶の亜種。客層は10代~30代の女性がメイン。

中二病ナルシスト俺キャラを貫いていた頃

しばらくして男装喫茶用のアカウントを作り、プライベート用のアカウントでは一人称が「私・あたし」に戻りましたが……それでも鍵はかけず。

この痛々しさが故に、常連スレよりも先に「痛いバンギャを晒すスレ」で晒されました。

 

バンドマンのコスプレをしたガチ恋バンギャだった

見出しの情報が渋滞していますね。

大丈夫ですか? 付いてこれていますか?
私は今、書いていて凄く居た堪れないです。

私が常連スレで叩かれまくった最たる理由がコレです。

 

コスプレをしてグループ行動

当時通っていたバンドで、ヴォーカルのコスプレをしていました。

ライブやインストにはコスプレ姿で行くことが多く、メンバー側にも認知されるように。

メンバーさんたちから、「いつもありがとう!」「今日も凄いね!」「クオリティ高い!!」と褒めていただき、有頂天になっていました。
※V系界隈には昔からメンバーコスプレの文化があり、コスプレ姿でライブに行くこと自体は普通。

当時のコスプレ姿

Twitterのアイコンをコスプレ姿にして、そのアカウントでメンバーへリプを送っていたので、メンバー側も私のアカウントを把握していました(その把握されているアカウントで痛々しい愛を叫んでいた)。

 

長くバンドに通っていると、友達もできてグループ行動するように。
友人たちとネットやリアルでわちゃわちゃと楽しんでいましたが……。

悪目立ちしすぎて、グループごと晒されて叩かれました。

※名誉の為に言っておくと、迷惑行為や一般常識から外れたことは一切していません。ただただ、発言と行動が痛かっただけです。

当時の仲間たち(一部)

倉本菜生
倉本菜生
何年か経った後、当時のTwitterを見返して「あ、こりゃウチら叩かれるわ」って思うほど痛かった。叩きコメントでも「あのグループは下ネタがひどい」と言われていた。

 

ガチ恋を拗らせていた

最初は純粋なファンで、憧れからヴォーカルのコスプレをしていましたが、気付けば立派なガチ恋バンギャに。

ここで不思議なポイントが。

普通、好きな男性アイドルやバンドマンがいたら、その人の好みになろうとしますよね?
ジャニーズファンがその良い例だと思います。
しかし、バンギャは「その人そのもの」になろうとしてしまうんです。

髪型や服装を真似したり……。仕草を真似したり……。

例に漏れず私も、「もっとヴォーカルに近付きたい! 愛してるから同じになりたい!」とコスプレを極めていきました。

極め切ったコスプレ

ガチ恋な気持ちをTwitterでもほのめかす有様。
ヴォーカルはもちろん、他メンバーも私がガチ恋なことを認識していたので、ファンサービスはめちゃくちゃ良かったです。

インストに行くと、私が喋りかけるより先にヴォーカルさんから「ナオちゃん! 昨日のライブであのコスプレしてたよね?」と声をかけられるように。ガチ恋歓喜の瞬間です。

 

コスプレして目立っている&メンバーに認知されている&発言が痛すぎるのトリプルコンボで、めったくそに有ること無いこと掲示板に書きこまれていました。

 

叩かれても気にしなかった理由

身内ノリが激しく、常にこのテンションだった

散々ネット上で「存在が痛すぎる」だの何だの書かれた私ですが、平気でライブやインストに行っていました。

叩かれていると知らなかったんです。

知らなければ落ち込む必要もありませんし、コスプレを辞める理由も無ければ、Twitterの発言を自重することもありません。

 

掲示板やスレッドの存在は以前から知っていましたが、コスプレを始めた時に決めたのです。

「コスプレなんてやったら、絶対に叩かれる。だから死んでも見ない」

この決意が功を奏し、バンドの活動中は楽しくライブ参戦&ガチ恋コスプレを謳歌していました。

 

すべてを知ったのは、バンドが活動休止してから。

活動休止中にメンバーが何をしているのか(特にヴォーカルは何をしているのか)、気になってバンドスレを検索したが最後……自分や友人がボロカスに叩かれているのを発見してしまいました。
「痛いバンギャスレ」に晒されていると知ったのもこの時。

もしバンドの活動中にこの事実を知っていたら、きっと地の底まで落ち込んで、人の目が怖くなって、ライブに行けなくなっていたと思います。

知らなかったから幸せでいられて、すべてが良い思い出となりました。

倉本菜生
倉本菜生
ちなみに、私の友人たちも掲示板を見ていなかったそうです。だからあんなに皆でバカやれたのかも。

 

後日談

あれから8年後。痛いバンギャでも記者になれる。

バンドの活動休止から2年ほど経った頃。
痛々しさを極めた私も、ほんの少しだけマトモに。

バンドの活動休止後、ヴォーカルさんはソロプロジェクトを始動。
そのライブに、バンド時代のベースさんがプライベートで遊びに来ていました。
一般ファンを装って声をかけてみると……。

「久しぶりだね~」

「え、覚えてくれてるんですか?」

「忘れるわけないじゃん(笑)」

そりゃそうだ。
痛々しいガチ恋バンギャは、記憶に焼き付いていたようです。

真人間になった倉本、ここぞとばかりに謝りました。

「あの頃は色々痛くて……迷惑かけてすみませんでした」

すると、ベースさんはにっこり笑って、こっそり耳打ちしてくれました。

「大丈夫。痛い人はもっといるよ」

全国のバンギャたち安心しろ! とんでもなく痛いバンギャはたくさんいるみたいだ!!

 

なんだかんだありましたが、今となっては「あの頃あれだけ周りを気にせず好きに楽しめてよかったな~」と思っています。

今もゆるーくバンギャ活動していますが、あの頃と同じことができるかと聞かれると……怖くてできません。

若い頃だからこそ、できることもある。
今の若いバンギャちゃんたちも、一般常識を守って周りに迷惑をかけない程度に楽しんでください!

倉本菜生
倉本菜生
けどネットリテラシーは身に付けておけよ! お姉さんとの約束だ!

 

【夢見るバンギャは閲覧注意】基本クズ!元ヴィジュアル系バンドマンによる「差し入れ」ぶっちゃけトーク!