大型連休が終わるまでは「ステイホーム週間」。スーパー混雑問題を解決するための方法とは

エンタメ・トレンド

 

自粛要請が続いていますが、買い物をしないわけにはいかず毎日スーパーに通っている人もいるのではないでしょうか。

うさたそ
うさたそ
スーパーで働いてくれている人たちには本当に頭が下がります。
ありがとうございます。

新型コロナウイルスの対策で飲食店の営業が減り、スーパーが混み合っている問題は連日報道されていますよね。

東京都の小池百合子知事は23日、密室・密集・密接の「3密」解消に向け、消費者と事業者にそれぞれ以下の事項を求めました。

消費者に対して
買い物を「3日に1回程度に控えていただきたい」と要請。

事業者に対して
・売り場で用意する買い物かごの数を制限し、入店者数を抑制。
・高齢者らの専用時間の設定。
などの対策を求めています。

スーパーに何度も行かず買い物をするには

買い溜め癖がない人にとっては3日に1度しか買い物が行けないとなると「あっこれ足りなかった!」現象が起こりそうですね。

そこで、私が普段スーパーに何度も行かずに過ごすためにしている方法をご紹介します。

1週間のご飯を決めておく

面倒くさい作業ですが、1週間のご飯の献立を週初めに決めましょう。
献立が決まると必然的に、買うべきものと量が計算できます。

  • じゃがいも 2個
  • 人参 3本

このように、メモに書いてスーパーに持っていくと、迷うことなく買い物ができ、時短にもなります。

うさたそ
うさたそ
買いすぎ防止で節約にも繋がりますよ。

「必要か迷う」ものはとりあえず買っておく

買い物をしていると、「あれ?家にキッチンペーパーってまだあったっけ……」と在庫がわからなくなるときがあります。
そういうとき、(消費期限がないものは)とりあえず買っておきます。

うさたそ
うさたそ
ストックがある方がいいと思って部屋には物が溢れちゃいますが(笑)

コロナウイルスが流行りだしてから度々話題になる買い占め現象も、ストックがあるおかげで影響を受けずに済んでいます。

命を最優先に

いつがピークなのか、いつ終息するのか、まだまだ見通しのつかないコロナウイルス。

3/20~3/22の連休後は、約2週間で感染者が急増しました。
5月のゴールデンウィークは同じことが起こらないよう、改めてひとりひとりが意識して過ごしたいですね。

 

 

参照:https://youtu.be/qJ23vd6l6sE
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020042301001551.html